街の喧騒から離れた静かな環境が広がるキャンプ場

 

 

愛媛県大洲市のシンボル・冨士山(とみすやま)の中腹に位置するオートキャンプ場。伊予の小京都と呼ばれる大洲市内を一望でき、名物の「いもたき」を、市内の登録店に注文すればキャンプ場まで持ってきてくれます。

標高320mの冨士山は、その姿形が富士山に似ているため名付けられました。キャンプ場まで山道が続きますが、大洲道路大洲冨士ICからは約10分でたどり着きます。テントサイト専用キャンプ場の管理棟の奥に、全16区画のオートキャンプ場があります。

 

 

キャンプ場からは鵜飼いやカヌースポットで知られる肱川を中心に広がる大洲市内を望めます。高台に位置するため、街の喧騒はほとんど届かず、静かな環境が広がっています。

 

 

各サイトの仕切りは特に設けられていないので、混み合っている場合は、隣の利用者に配慮してテントの設営をしましょう。AC電源が使えるサイトは2区画だけです。場内には円形のバーベキュー台(使用料1000円)が3ヶ所設置され、大人8人程度が座って食事が楽しめます。

車で約5分ですべり台やアスレチックがある冨士山公園が広がります。ゴールデンウイーク頃には約6万本ものツツジが咲き誇り、花見客でにぎわいます。
大洲市の名物「いもたき」とは、サトイモを中心に鶏肉、油揚げを煮込んだ大鍋料理のこと。300年以上もの歴史誇り、市民に親しまれています。キャンプ場では「いもたき登録店」を紹介してくれます。

■大洲家族旅行村オートキャンプ場
住所:愛媛県大洲市菅田町大竹乙938-1
電話:0893-23-2384
営業時間:チェックイン15:00~、チェックアウト~11:00
定休日:無休
料金:テントサイト2100円(別途電源使用料500円)、コテージ1万500円~
公式HP:http://www2.ocn.ne.jp/~o-ryoko/index.html

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。