メキシコシティ、セントロ地区のバー

tobiramiralto

ラテンアメリカタワー上部にあるバー、ミラルトからのメキシコシティの夜景

メキシコシティの観光で必ず訪れるのが、コロニアルな町並みが世界文化遺産に登録される中心部、セントロ・イストリコ(歴史的中心地区。通称セントロ)。近年では再開発が進み、治安も改善され、観光客でも気軽に飲みにいけるようになりました。ここではメキシコならではの雰囲気とお酒が味わえる、異なったタイプのセントロ地区のバーを紹介します。

こちらもあわせてどうぞ>>>メキシコシティのバーメキシコシティ、セントロ地区のカフェメキシコシティ、セントロ地区のレストラン



おしゃれで伝統的なカクテルを楽しむなら、メヒカーノ・バー

mexicano1

歴史的建造物に登録される100年以上の建物を、モダンに改修した店内

mexicano2

オープンエアー席も人気

メキシコシティ、セントロ地区のレストランの記事でも紹介した、アル・アンダーの姉妹店で、2011年11月にオープンした若者に人気のお店。メキシコ産にこだわったお酒を取りそろえていて、たとえば、珍しい地ビール(60メキシコペソ~)、メキシコのどぶろくであるプルケ(1リットル120メキシコペソ)や、メスカル  (1ショット50~150メキシコペソ)は、すべて厳選された国内産で、ほかではなかなか飲めないクオリティの高いものばかり。

 
mexicano3

ウチワサボテンのピンクの果実、プルケ、メスカルのカクテル、ショコノストレ

カクテルにもこだわりがあり、ウチワサボテンのピンクの果実を、プルケ、メスカル、アガベ・シロップをミックスしたカクテル、ショコノストレ(90メキシコペソ)や、メキシコ特産のペパーミント、ジェルバ・ブエナとレモン、メスカルをミックスし、グラスの縁にチレ・パウダーでアクセントを加えたモヒートのような味わいのフレスコ(90メキシコペソ)など、メキシコならではの素材にこだわった、ユニークで絶品なカクテルがそろっています。鮭のカルパッチョ、カルパッチョ・デ・サルモン(150メキシコペソ)や、プルケで酒蒸ししたエビやムール貝の、チュピート・デ・カマロン(110メキシコペソ)など、食べ物もとても美味しいのでぜひ、試してみてください。

<DATA>
Mexicano Bar                   
住所:Regina27A,Centro Historico casi esquina con Isabel la catolica
TEL:5709-1468
アクセス:地下鉄1号線Isabel la catolica (イサベラ・ラ・カトリカ) 駅より徒歩3分
営業時間:17:00~1:30/火~日曜

 

コロナの生ビールが飲める居酒屋、サロン・コロナ

corona1

店内の大画面テレビはいつもサッカー中継を流している

corona2

トルタ・デ・プルポと生ビール、「タロ」サイズ。お通しの、野菜マリネの人参が美味しい。ハラペーニョは激辛なので気をつけて!

「カンティーナ」と呼ばれるメキシコの大衆居酒屋は、お酒も飲めてご飯も満足できるお店が多いのですが、なかでも人気なのが、このサロン・コロナ。

1928年創業の老舗で、いつも現地の老若男女でいっぱい。家族連れもいて、アットホームな雰囲気です。しかも、ここは、日本でもおなじみのビール、コロナの生が飲める店なんです! クララ(クリアタイプ。通常のビール)、オスクーラ(黒ビール)の2種類があり、タロ(500ミリリットルのジョッキ)サイズが、36メキシコペソと安いので、ついつい飲み過ぎてしまいます。食べ物も美味しくて、なかでも、タコを墨で和えたサンドイッチ のトルタ・デ・プルポ(40メキシコペソ)、えびの辛いトマトスープ、カルド・デ・カマロン(25メキシコペソ)がおすすめ。

 

corona3

ボリバル通り本店の入り口

サッカー試合のあるときには、テレビ中継を店内の大型テレビで観戦しようという人たちでごった返すので、一緒に盛り上がるのも楽しいです。支店がセントロ内に2つありますが、いちおしは、ボリバル通りにある本店。
ただ、毎日夜7時以降は大混雑するので、早めに行くのをおすすめします。

<DATA>
Salon Corona Bolivar本店              
住所:Bolivar 24,entre Madero y 16 de septiembre,Centro Historico
TEL:5512-9007、5512-5725
アクセス:地下鉄2号線Allende (アジェンデ) 駅より徒歩4分
営業時間:毎日14:00~24:00

 

メキシコシティの夜景を眺めながら乾杯できる、ミラルト

miralto2

絶景に囲まれてお酒を楽しめる

miralto3

グラスワインは75メキシコペソ~、ビールは36メキシコペソ~

世界最大級の都市、メキシコシティを一望できる観光名所が、地上182メートルの44階立てビル、ラテンアメリカタワー。そこから見る町の姿は、日中大気汚染のスモッグに覆われていることが多いのですが、夜の帳が降りる頃には、無数のイルミネーションや家々の明かりによって、美しく生まれ変わります。それは、まるで黒いベルベットの絨毯に宝石をちりばめたような、素晴らしい夜景なんです。

そんな絶景を前に、お酒を楽しめるのが、ラテンアメリカタワーの41階にあるレストラン・バー、ミラルト。レストランとバーのスペースが別れているのですが、おすすめしたいのが気軽に利用できるバー。ビールが36メキシコペソ~、グラスワインが75メキシコペソ~、テキーラは1ショット55メキシコペソ~と、極上のロケーションにしては手頃な価格帯。

このバーへのアクセス方法ですが、まず、タワー上部へいくために、展望台利用者とレストラン・バーの利用客が同じエレベーターに乗り、展望台入り口のある37階で降ります。その場にいる係員に、「バーへ行く」と告げると、レストラン・バー専用のエレベーターへと案内されます。41階に着いたら、エレベーターから降りて、むかって左がバー、右がレストランになっています。レストラン・バーだけの利用ならば、展望台の入場料を請求されることはありません。

<DATA>
Miralto         
住所:Torre Latinoamericana,Piso41,Ejecentral 2, esquina con Madero,Centro Historico
TEL:5518-1710
アクセス:地下鉄2と8号線Bellas Artes(ベジャス・アルテス) 駅より徒歩4分
営業時間:9:00~23:00/月~金曜、14:00~27:00/土曜、9:00~21:00/日曜
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。