糖質制限で痩せるワケ

食べた物が体脂肪となって体に蓄積されるのは主に糖質と脂質ですが、基本的に人間は1日の食事量の大半以上を占めているのは脂質よりも糖質なので、糖質の摂取を抑える方がてっとり早く体脂肪蓄積を抑えられるようになります。

糖質が体脂肪に変わるのは、血糖値(血液中に糖質がどれくらい含まれているかを示す値)が高いときで、血糖値が高くなるのは糖質の多い食べ物を一気にたくさん食べたときです。反対に、血液中の糖質が少ない状態が続くと、体を動かすエネルギー源が糖質よりも脂質に大きく偏ります。つまり、体内に糖質が少ない状態をキープすることで体脂肪がたくさん燃えるようになるのです。

糖質が多く含まれているものは?

糖質はご飯やパン、麺類などの主食や果物、お菓子だけに含まれていると思われがちですが、野菜や調味料にも実はたくさん含まれています。糖質の多い野菜・果物・調味料を覚えておくと、料理や外食の際の食事選びにもとても便利です。

野菜…芋類、かぼちゃ、とうもろこし、れんこん、人参
果物…バナナ、ぶどう、柿、りんご、ドライフルーツ
調味料…ケチャップ、ソース、チリソース、ルウ、みりん

その他、佃煮やみりん干し、缶詰、煮豆なども糖質がたくさん含まれています。

≫でも糖質制限中って、お腹すいちゃう・・・