一方で、好感がもてるパンフレットとは

シンプルでもツボを得たパンフレットは好感が持てます。
例えば、
  • 豪華過ぎないこと(すごい箱にパンフレットが入っていたり、大判の上質紙の写真などが多用されていないこと)
  • キャッチコピーの意味がわかること
  • 不必要なイメージ写真等がないこと(例えば、先日調査したマンションのパンフには江戸時代の絵図などが4ページ、ソメイヨシノが2ページ。豪華写真です・・・・)
  • 品質説明が明快で分かりやすいこと
  • プランの縮尺が同じであること(例えばAタイプが1/80で、Bタイプが1/70だと見比べるのが面倒。面積の大小が大きく異なる場合は仕方ないですが)
ひねくれた性格の私は、豪華なパンフレットやモデルルームで立派なビデオ映像を見ると、「この制作費もマンション価格に含まれるのだなあ」と冷めた気分になります。このことを最後に付け加えておきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。