頭皮の環境を大きく変える正しいシャンプー方法

正しいシャンプー方法を身に着けるコツは2つの意識を持つこと。

  1. 頭皮の汚れを意識して洗う
  2. 皮膚である頭皮を強く擦らない

この2つを意識して下記のステップで行ってみてください。

1.ブラッシング
シャンプー前にブラッシングで髪のほつれを解けばシャンプー時に、髪にかかる負担が軽減されます。さらにブラッシングには頭皮の角質を浮かせたり、血行を促進するなど頭皮ケアの働きも。

2.予備洗い
38度のぬるま湯で、1~2分かけてしっかりと頭皮と髪を濡らす予備洗い。美容師さんが行うように、手のひらでお湯をためてパシャパシャと行うと、効率的に頭皮を洗うことができます。

3.シャンプー剤を塗布
シャンプー剤は適量を手に取り、同量のぬるま湯を加えて少し薄めてから、頭皮に直接つけましょう。5~6か所に分けてつけると、シャンプー剤が頭皮にまんべんなく行き渡ります。

4.なで洗い
指の腹を使って頭皮の表面を優しくなでるように洗いましょう。この時に絶対に力は入れずに、撫でるように優しく行うのがポイント。力ではなく小刻みに指を動かして、汚れを浮き上がらせるイメージ。また下から上に向かって行うことで、指が頭皮に直接触れることができます。

5.揉み出し洗い
次に頭皮をつかんで揉みほぐすように洗いましょう。この時に頭皮と指は密着させて絶対に擦らないようにします。地肌をつかんで動かし、毛穴の汚れを絞り出すように洗うのがポイントです。

6.すすぎ
最後に丁寧にすすぎます。ほとんどの方はすすぎが不十分。すすぎが十分でないと、シャンプー剤や汚れが残ってしまいます。髪のぬめりがなくなってからもう一度、手のひらにお湯をためて肌を洗うなど、念入りにすすぎます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。