シミに繋がる日焼けには要注意!

山や海など屋外にいると、知らず知らずのうちにひどい日焼けをしてしまいますよね。
シミの大敵、日焼け。
洋服を着ていても服の上から日焼けをしてしまうほど、直射日光は強いものなのです。

これからのシーズン、海外で正月休みを過ごす方も多いかと思いますが、火傷のように肌が熱く、水ぶくれになってしまうようなひどい日焼けにはまず「冷やすこと」が肝心です。

薬を塗る前に、濡れたタオルなどでしっかり患部を冷却しましょう。
水枕や保冷剤、氷入りのビニール袋などでOKです。

薬を塗るのはそのあと。

安易に考えず、病院で医師に判断を仰ぐのも忘れないでくださいね。

キレイな肌にはしっかりとアフターケア

特別な材料は必要ないので、簡単ですね。キレイなお肌を保つため、レジャーシーンでも「日焼け」「紫外線」の存在を忘れないようにしたいものです。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。