香水の種類は4つ

香水は、香料の濃度を示す賦香率(ふこうりつ)によって、大きく4つに分類されます。ただし、あくまでもメーカー発表ですので持続時間が保証されているわけではありません。柑橘系がベースとなる香水は比較的早く揮発し、ジャスミンやイランイランなど香りの持続が長い香料が多く配合されると、持続時間も長くなります。

■パルファン PERFUME
香料の濃度 :15~30%  持続時間:5~7時間
香水の種類の中でも最高ランクの香りです。濃度が強いというだけではなく、パルファンとオード・トワレでは、違う香料素材を使用しているものもあります。華さと深みがあり、贅沢なイメージです。ちなみに、「香水」といわれるものは、正確にはパルファン(パルファム)だけを指します。

■オード・パルファン  EAU DE PERFUME
香料の濃度:10~15% 持続時間:5時間前後
香水に近い深みがあります。気軽な昼間の香水としてつけていく場を選びません。

■オード・トワレ  EAU DE TOILETTE
香料の濃度:5~10% 持続時間:2~3時間
日常的に気軽に使用することが出来る、カジュアルな感覚で楽しめる香りです。パルファンの下地として使うと、香りがひときわゴージャスになります。

■オーデ・コロン  EAU DE COLOGNE
香料の濃度:2~5% 持続時間:1~2時間
リフレッシュ効果が高い、もっともカジュアルな香りです。ヨーロッパでは、子供が使うフレグランスと言われています。


香りのワンポイント

香水の香りがしなくなったなと思ったら、お手洗いで付け直しましょう

香水の香りがしなくなったなと思ったら、お手洗いで付け直しましょう

「パルファン(香水)は強く香る」と思われがちですが、 実は香料の濃度が高いとキツイのではなく、配合されている香料の種類によっても、持続時間や香りの強さが異なります。深みとコクがあり長時間香りますが、決して強い香りではありません。オード・トワレと比べると、拡散性が少なく優雅な香りです。

また、賦香率(ふこうりつ)はあくまで目安であり、確定ではありません。一般的にオード・トワレは、香料の濃度が5~10%と言われていますが、例えば、イヴ・サンローランのオピウムは、オード・トワレの賦香率が19%だそうです。これは、持続性の高いパンチに富んだ芳醇かつミステリアスでエレガントな香りを表現するために、通常より濃度をあげたそうです。

ところで、オード・トワレの「オード(EAU)」とは、フランス語で「水」という意味で、香料・アルコール・精製水が入っています。また、香水は化粧品の一部となるので、お手洗いで付け直すのが大人のマナーです。