メルボルン

ビクトリア国立美術館

世界的なアートが展示されるメルボルン市内にあるビクトリア国立美術館

州都であるメルボルンはもちろん見逃せない観光地。市内は公共の交通機関トラムやバスが無料で運行されているため、ほとんどの主要な観光スポットは徒歩と合わせてこれらを利用することで回ることができます。

街中をショッピング、南半球一高いタワーからメルボルンを一望、世界遺産を見学、カフェ通りでコーヒーブレーク、おいしい食事とワインに舌鼓、世界的なスポーツイベントの観戦など、楽しみ方は盛りだくさんです。

詳しくはメルボルン記事を。メルボルン旅行のモデルコースでは、1日でメルボルンの主要な観光スポットを見て回ります!

フィリップ島

ペンギンパレード

小さい体のフェアリーペンギン、海への狩から戻り子供ペンギンの待つ巣に行進しながら戻る姿が超キュート

メルボルンから車で約2時間、東南にある小さな島フィリップ島。野生動物が多く生息する自然の宝庫で、メルボルン近郊のアトラクションとしては人気No.1のペンギンパレードが見れることでも有名。世界最小のフェアリーペンギンが海から巣に戻るヨチヨチ行進が見学できます。

メルボルンからはセルフドライブで日帰りで行くこともできますし、ペンギンツアーを見るためのツアーも出ています。

詳細はこちら>>>フィリップ島/メルボルン郊外メルボルンから行く、ペンギンパレード

モーニントン半島

モーニントンペニンシュラ

オーストラリアでは珍しく本格的な温泉が楽しめるモーニントンペニンシュラ (C)Mornington Peninsula

メルボルンから車で2時間弱、フィリップ島の対岸に見える半島がモーニントン半島。ポートフィリップ湾に沿って半円を描くように伸びる島で、この地域にはワイナリーがいくつも点在し、ビクトリア州を代表するワインの産地にもなっています。

一般の人でも入れるワインセラーやレストランを併設したワイナリーもあり、グルメ派におすすめの観光地域。オーストラリアでは珍しく、このモーニントン半島には本格的なスパ施設もあり、何十種類もある温泉が楽しめます。モーニントン半島へもメルボルンからセルフドライブで日帰り観光が可能です。

詳細はこちら>>>モーニントン半島/メルボルン郊外

ダンデノン丘陵とヤラバレー

ダンデノン丘陵

ダンデノン丘陵を見渡しながら熱気球で優雅な空の散歩

メルボルンから車で東に約1時間程度に位置するダンデノン丘陵。その一帯が国立自然公園に指定され、大自然そのままの風景が残っています。北部にはオーストラリアでも有数のワイン産地、ヤラバレーがあり、延々とブドウ畑が広がります。こちらのワイナリーの多くも試飲やワインセラーを併設しているので、オーストラリア産ワインのお土産探しにも最適。

また、この地域で人気のアトラクションといえば、オーストラリア最古の蒸気機関車パッフィン・ビリー鉄道。片道1時間20分で丘陵の森林の中を走り抜けます。その他、ヤラバレーのブドウ畑を見下ろす熱気球も体験することができます。

詳細はこちら>>>ヤラバレー/メルボルン郊外

グレートオーシャンロード

グレートオーシャンロード

グレードオーシャンロードにはトレッキングも設営され、絶景の見晴の中、ウォーキングも楽しめる

海沿いの道を車が走り抜ける車のCM。日本の車メーカーのCMでもしばしば登場するその舞台がグレートオーシャンロード。メルボルンからは南西に約90キロ。ビクトリア州を代表するアイコンでもあり「世界で最も美しい海岸道路」と言われ、海岸沿いの道路が260キロに渡って続きます。

グレートオーシャンロードの最大の見どころはポート・キャンベルあたりの海中に立つ奇岩群「12人の使徒」。海と奇岩とが生み出す風景はまるで絵画を見ているよう! メルボルンからは各旅行社からのツアーで参加することも可能ですが、ここはなんと言ってもセルフドライブがおすすめ! また、グレートオーシャンロードにはトレッキングコースも設営されているので、ウォーキングという別の楽しみ方もできます。

詳細はこちら>>>グレートオーシャンロード

【取材協力】
ビクトリア州政府観光局

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。