ビクトリア州のエリアガイド

王立展示館とカールトン庭園

メルボルン市内にある世界遺産「王立展示館とカールトン庭園」、とても手入れが行き届き、ウォーキングの場所としておすすめ

オーストラリアの東海岸、シドニーのあるニューサウスウエールズ州の南に位置するビクトリア州。本土にある州として、その広さは一番小さいですが、州都であるメルボルンはオーストラリア第2の都市で、キャンベラが首都に制定される前には一時的にメルボルンに首都が置かれていたこともありました。

メルボルンにある世界遺産「王立展示館とカールトン庭園」を会場として開催されるオーストラリア最大の花とガーデニングの博覧会「メルボルン国際フラワー&ガーデンショー」は世界5大フラワーショーの1つとなっていることもあり、ビクトリア州は「ガーデンステート」と呼ばれています。

メルボルンは古きヨーロッパを思わせる街並みと近代的なビルがミックスされたユニークでおしゃれな街で、世界遺産も見ることができ、そして少し郊外に足を伸ばせばワイナリーや海など豊かな自然も広がります。食とワインでも高く評価され、グルメ派にもオススメです!

小さな州なので、レンタカーを借りて、セルフドライブで各地を巡れば楽しさも倍増! 今回はビクトリア州の見どころをご紹介します。

ビクトリア州の気候

温帯気候で、日本と同様に四季ははっきりとしているのが特徴。メルボルンの春と秋は爽やかな気候で、夏でも平均気温25度程度と過ごしやすいです。冬は日本と比較すれば暖かく平均気温14度程度ですが、暖かい服装を準備していきましょう。

オーストラリアでは珍しく、州の北東部の山岳地域ハイ・カントリーではスキーやスノーボードができる山々が連なり、いくつかのスキーリゾートが点在します。ウィンタースポーツを楽しみに出かけるなら、しっかりと防寒着の用意を。

ビクトリア州へのアクセス

グレートオーシャンロード

何キロにも渡って続く海沿いの道路グレートオーシャンロード、右上に見えるのが奇岩群「12人の使徒」

ビクトリア州へは主に2つの空港を利用します。1つはメルボルン北部にある「タラマリン空港」。こちらが一般的にメルボルン空港と呼ばれるメインの空港。もう1つはメルボルンの南西部にある「アバロン空港」でこちらは国内線のみ運行しています。

日本からは直行便が飛んでいないため、成田空港からはカンタス航空日本航空でシドニーを経由してメルボルン空港(タラマリン空港)に入るのが一般的。関西空港からはジェットスター航空でケアンズやゴールドコーストなどを経由してメルボルン空港に入るのが一般的ですが、オーシャンロードなど南西の地域へ観光される場合はアバロン空港に入るほうが、アクセスがよく便利です。

では、ビクトリア州の見どころを紹介していきましょう!