焼きたてピザの店、チリンドンゲリア

chirindongueria1

手作りやリサイクル家具を利用したカジュアルなインテリア

salamipizza

素材にこだわったサラミ・ピザ (C)Israel Medina

セントロの中心から少し外れたオフィス街の裏道に、2011年にオープンした、カジュアル・イタリアンのお店。元々はガレージのような簡素な建物を、リサイクル素材で家具や内装を手作りしたインテリアが可愛い店内。いつも若いお客さんでいっぱいです。

なんといってもフレンドリーなお店の人たちと、美味しくてリーズナブルな料理が人気の秘訣。生地から手作りの焼きたてピザMサイズ(2~3人前)は95メキシコペソから、サラダが70メキシコペソから、ビールは25メキシコペソ、グラスワイン35メキシコペソといったお得感ある価格帯。
 
salada

ブラックペッパー味のチキンをのせたサラダ (C)Israel Medina

自家製焼きたてパンで作るチリンドンガという、具だくさんのサンドイッチ(45メキシコペソ~)もボリュームたっぷりでおすすめです。

民芸品市場シウダデラやアラメダ公園からも近いので、散策のついでに立ち寄りたいお店です。

<DATA>
Chirindongueria 
住所:Iturbide 31 esquina con Articulo 123, Colonia Centro Historico
TEL:5510-1115
アクセス:地下鉄3号線Juarez (フアレス) 駅より徒歩5分
営業時間:14:00~22:00/月~日曜
 

有名シェフがプロデュースするアスール・イストリコ

azul1

中庭の開放的な空気が気持ちいい店内 (C)Azul Historico

mole

味わい深い鶏肉のモーレソースがけ (C)Azul Historico

テレビや雑誌にもたびたび登場する有名シェフ、リカルド・ムニョスが手がけるメキシコ国立自治大学内のレストラン、アスール・イ・オロの姉妹店として2011年暮れにオープン。

注目される最先端のホテルとショップ、カフェ、レストランが集まった複合施設「ダウンタウン」の中庭部分にあり、料理のクオリティの高さと手頃な値段で、セントロ地区の顔になりつつあります。
 
tamales

前菜のタマリート(C)Azul Historico

コンテンポラリー・メキシコ料理がテーマで、鶏肉にチョコレートやナッツ、チレの入ったソースをかけた、ポジョ・コン・モーレ(145メキシコペソ)や、トウモロコシの粉を練ったものに煮いんげん豆を入れて蒸した、メキシコ版ちまきのような料理、タマリート・デ・フリホール(52メキシコペソ)など、洗練されたアレンジの伝統料理が楽しめます。定期的に、メキシコ各地の地方料理フェアを開催するので、定番料理以外も試す価値あり。14時から16時のメキシコの昼食時はいつも大混雑するので、時間帯をずらすか、電話での予約をおすすめします。

<DATA>
Azul Historico
住所:Down Town, Planta Baja,Isabel la Catolica30, Centro Historico
TEL:5510-1316
アクセス: ソカロから徒歩4分のショッピングモール、ダウンタウン1階中庭
営業時間:8:00~25:30/月~金曜、9:00~25:30/土曜、9:00~18:00/日曜

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。