IQは知能の一面を測る指標に過ぎません

良い成績を上げるには、IQは高いに越した事はないでしょうが、やっぱり、IQの数字など気にせず、自分の得意分野を一生懸命、地道に頑張っていくのが一番だと思います

知能とは、いったい、いかなるものなのか。一口で言うのは難しいことだと思いますが、人間が精神活動をする際、知能は不可欠なものです。

例えば、相手の要求にすばやく対応できるよう、相手の話の要点を正確につかみたい場合や、また、もしも何かの不注意で、危ない目にあってしまったら、以後、同じ目にあわないよう、そのことを教訓にしておくことも知能と呼べるかも知れません。さらに、もしも、何かの状況で二者択一が必要になってしまったら、それぞれを天秤にかけて思案してみる……といった具合に日常の至るところで知能はモノを言ってきます。

この知能を測る尺度にIQ(知能指数)があります。今回は、IQの意味、検査法、そして、その医学的意義などについてくわしく解説します。

IQは全体の中での自分の位置を示す数字

IQを測るテストは1905年、フランス人の心理学者ビネ(Alfred Binet)によって、初めて開発されました。その目的は、小児における精神遅滞の有無を調べる事ですが、IQは、そのテストで測定した精神年齢(MA)を本当の年齢(CA)で割り、それに100をかけたモノとされました。式で表せば、IQ=(MA÷CA)×100となります。

例えば、10歳の小学生の精神年齢が14歳だったとします。これは別に、その子が、とてもマセた子であるということを意味している訳ではなく、その子の知的能力、特に言語能力が14歳の水準に達していることを意味します。それで、その子のIQは、(14÷10)×100=140なので、140という事になります。

しかし、ビネのテスト法では、一般に15歳を超えれば、その後の、知的能力の発達は、ゆるやかになるので、15歳を超えて精神年齢を設定しにくいといった困難がありました。そのため以後、新しく、IQを測るテストが幾つか開発され、IQは、その人のテスト結果が全体の中でどのくらいかを示す数字となり、真ん中の人のIQは100、そして標準偏差は通常、15ないし16と設定されました。

IQを測る標準的なテストはWAIS

現在、IQを測る手段として、日本のみならず、世界中で広く使用されているテストは、ウェクスラー成人知能検査、略してWAIS(Wechsler Adult Intelligence Scale)と呼ばれるものです。WAISは1939年、米国の心理学者ウェクスラー(David Wechsler)によって開発されたもの。以後、幾版か改訂を重ねた結果、現在の最新バージョンはWAIS-IVになっています。

そのテスト構成は、おおまかに言語性検査と動作性検査の2種類に分けられ、それぞれ複数の組から成っています。、それらの検査結果から、言語性IQと動作性IQが得られ、いわゆるIQは、この2つを総合したものです。

それでは、目から鼻へ抜ける人のIQって、どのくらい? 

IQの統計分布は、100をピークに、そのピークから左右対称に傾斜していく、ベル型の形状、いわゆる正規分布になっています。WAISでは標準偏差は15に設定されていて、標準偏差の2倍以内、これはIQ70からIQ130までが相当し、この範囲に全体の約95%が入ります。以下に、IQの各レンジごとの、分布の詳細を記します。

  • IQ130以上
    上位2.28%以内の人 
  • IQ120~129
    上位2.28%から上位9.12%までの人
  • IQ110~119
    上位9.12%から上位25.25%までの人
  • IQ90~109
    上位25.25%から下位25.25%までの人
  • IQ80~89
    下位25.25%から下位9.12%までの人 
  • IQ70~79
    下位9.12%から下位2.28%までの人
  • IQ69以下
    下位2.28%以内の人

IQの正常範囲は、上記のうち、IQ90~109のレンジとされていて、全体の約55%が相当します。

ところで、私たちの身の周りには、すごく頭の切れる人がいるもの。そういう人のIQって、どのくらいでしょう? もっとも、頭が切れそうな印象には、自分の主観も大きいですが、仮に、自分の住んでいる町に、自分と同じ年齢の人が250人いたとします。もしも、その人が、誰が挙げても、5本の指に必ず入るような人ならば、その人は、頭がすごく切れると言って、間違いはないと思います。

それで250人中、5本の指に入ると言う事は、その人は、上位2%以内という事になります。上記の分布を見れば、上位2%以内と言う事は、IQが130を超えているので、その人のIQは130を超えている可能性が充分あるでしょう。もっとも、IQは必ずしも学力と比例する訳ではありません。極端な話、いくらIQが高くても、英単語を全然知らなければ、英語の成績は悪くなってしまいます。やはり持続的な努力は、是非おしまないようにしたいものです、

IQは精神遅滞の定義に使用される指標の一つ

IQは精神遅滞の定義に使用される指標の一つです。ICD-10など、病気の国際分類では、精神遅滞は、IQが70以下、言い換えれば、標準偏差の2倍ないし、それを超えている事が必要条件となります。上記の分布を見れば、IQ70以下は、下位の約2.3%が相当します。

ここで是非、注意しておきたいこととして、IQ60の人の知的能力は、IQ120の人の半分と言う訳では、決してないということです。IQはあくまで、正規分布における、その人の位置を示す数字に過ぎません。また、IQは対人コミュニケーション能力など、社会への適応能力とは一致しないので、精神遅滞を診断する際には、社会への適応能力を測る必要もあります。

では反対に、IQが標準偏差の2倍以上ならば、日常生活は楽勝なのかと問えば、決して、そんな事は、ありません。IQは主に、知能の一面である認知能力を測っているに過ぎず、社会生活を送る上で不可欠な対人コミュニケーション能力、特に、周りの空気を読める力などは全然、測定していません。例えれば、100メートル走で11秒を切るような韋駄天の人でも、野球のピッチャーとして成功するかどうかは不明なのと同じような話で、人生の決め手は結局、総合力だと思います。やはり日々、地道に頑張っていくしか、ないのではないでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項