健康的な肌を作る食事設計

食生活は敏感肌に大きく左右するそうです。
そこで、お金をかけずに対処するために、普段の食事を見直すことを提案します。
栄養のバランスを考えて、食事設計することをおすすめします。

■肌に良い緑黄色野菜

どのような食事設計が、敏感肌対策になるのでしょうか。
健康な肌をつくるために必要なのは、緑黄色野菜だと言われています。
緑黄色野菜には次のような栄養素がたくさん含まれています。

・皮膚や粘膜を強くすると言われる「ビタミンA」
・紫外線に対する抵抗力をつけたり、抗酸化作用を持つ「ビタミンC」

ちなみに緑黄色野菜とは、カボチャやニンジンなど、β-カロテンを豊富に含む野菜のことを言います。
積極的に食事に取り入れてみましょう。

また、良質のたんぱく質も適度に取り入れると良いそうです。
良質のたんぱく質とは、必須アミノ酸がバランスよく含まれているものを指します。
鶏卵、牛肉(和牛)、鶏肉 (もも、胸、ひき肉)、豚肉(ロース)、牛乳、真イワシ、鮭、鯛などが該当します。

■一石三鳥の食生活の見直し
食生活を見直すことは、敏感肌だけでなく体調・健康すべてに良い影響が出るので一石二鳥、一石三鳥になりえます。
緑黄色野菜などは、特別お金をかける必要はありませんので、どなたにも取り入れやすい方法です。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。