敏感肌は生活習慣や外部の刺激から起きることも

敏感肌の原因の一つとして、ダニやハウスダストなどの刺激に過剰反応することがまず挙げられています。
遺伝や体質という面もあるそうですが、生活習慣や外部の環境が原因であることもありえます。
例えば、睡眠不足や体調不良のときに肌本来が持っているバリア機能が低下し、ダニやハウスダストなどの刺激物が侵入して敏感肌症状が起きることもあるそうです。

■ダニやハウスダストを避ける方法


「寝具や部屋にいるダニやハウスダストを駆除」

ダニやハウスダストを避ける生活をします。
具体的には、掃除機をしっかりかけることや、寝具を慎重に選ぶことなどがあります。
特に寝具に関しては、羽毛布団はもっともダニアレルゲン量が高いと言われています。
布団の丸洗い、天日干しなども対策としてあります。

■ポイントはお金がかからないこと


寝具はもっとも肌に触れる時間の長いものですが、布団の丸洗いや天日干し、部屋の掃除などはお金もかけず、直接的な原因を排除することができるので、おすすめします。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。