敏感肌をケアするセラミド摂取

敏感肌の原因は様々ですが、肌のターンオーバー機能が崩れている状態が多いと言われています。これは、セラミドの働きが悪くなっている証拠。まずはこのセラミドを増やすことを目標にしてみましょう。

セラミドとは、お肌の保湿とバリアを担当しているもの。このセラミドが不足した肌状態になってしまうと、外部から汚れや細菌などが侵入しやすい状態になってしまいます。あまりお金をかけずにセラミドを増やすには、セラミドを多く含む食品を食べたり、セラミド配合サプリメントを摂取したりすることが挙げられます。

セラミドを多く含む食品として、小麦や大豆、米、ほうれん草、こんにゃく芋、ヨーグルトが挙げられます。特にこんにゃく芋は他の食品の7~15倍の量のセラミドが含まれていると言われています。

肌に直接何かを塗ったりして対処するのは、敏感肌の人にとっては、かなりの負担になってしまいます。その点、セラミドを食品やサプリメントから摂取することは、体の内側から肌に負担をかけずにできるのでおすすめします。また、手軽に、あまりお金をかけずにできるのもおすすめの理由です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。