クリスマスイルミネーションが美しく街を飾るようになると、いよいよ冬のパーティーシーズン! ホームパーティーを計画される方も多いのではないでしょうか? そんなクリスマスを中心としたパーティーシーンを盛り上げ、食卓に華を添えてくれるのがチーズ。

今回は、中でも特に演出効果やご馳走感の高い美味しいチーズ及びチーズ料理を5種類ご紹介いたします。

ご紹介するのは、以下の5種類。
まずは、面白いネーミングのこちらのチーズから...

テット・ド・モワンヌ(Tete de Moine)とは

テテ+ジロール

テット・ド・モアンヌは、専用の削り器“ジロール”にセットして使います

  • タイプ:セミハードタイプ
  • 原産地:スイス、ジュラ山地
  • 原料乳:牛乳(無殺菌乳)
  • 熟成期間:最低3か月
  • 固形分中脂肪分:最低51%
  • 大きさ・形:直径約10cm、高さ約15cm、重さ700g~900gの円筒形
  • 旬:秋~冬

「修道士の頭」という名のこのチーズ。
ジロール

専用の削り器“ジロール”

修道院の僧侶たちによって造られたため、この変わった名前が付けられたそう。(削った断面が、僧侶の頭の“トンスラ”にそっくりだな、とも私は思っていますが…)

チーズ自体は地味ですが、このチーズが実力を発揮するのは、専用の削り器、“ジロール”と一緒になった時。
ジロールにセットしてハンドルをぐるぐると回すとチーズが薄く削り取られ、ひらひらと、まるでカーネーションの花びらのよう。

テーブルの上に、ジロールにセットしたテット・ド・モワンヌを置いておくだけで、お客様は喜んでグルグル回して楽しんでくれるので、時間稼ぎ(?)にはぴったり!
手軽な上に、楽しく美味しく美しいおつまみとして最適です。

テット・ド・モワンヌの味わい

テテ+ドライフルーツ

テット・ド・モアンヌにはドライフルーツを添えると美味しく美しい

なお、このチーズは味わいが強めなので、ドライフルーツ等、甘みのあるものと共にいただくとさらに美味。

そしてワインは、チーズと同郷、ジュラの辛口黄ワイン(vin jaune)や甘口の藁ワイン(vin de Paille)、それにリキュールワインのMacvin de Juraと見事なマリアージュですが、その他、凝縮した果実味のある、ボルドーやラングドックの赤と合わせるのもおすすめです。

テテ

こんもり盛ってもカワイイ!

ちなみに“ジロール”とは、もともとキノコの名前。 削られたテット・ド・モアンヌそっくりの形をしています。






そして次は、これからトレンドが来ると踏んでいる“ラクレット”!