Facebook、Twitter、mixiなどのSNSでトラブル発生中

うわ~わの芸能人とつながれる!

うわ~あの芸能人とつながれる!

個人が発信するSNSを利用している人は少なくありません。実名登録であるため、昔の知り合いや古い友だちからの連絡や顔見知りからの突然の友だち申請など、思いがけない広がりを得て、うれしくなるかもしれません。当初は次から次へと広がる輪に興奮を覚えて、夢中になってしまう人も多いはずです。

「実名登録」には「ほかの人も実名なのだし」という安心感を持つことと同時に、「トラブルに巻き込まれたらイヤだな」という不安も持つでしょう。利用していく上で、楽しみがほとんどで何も困ったことが起きなければよいのですが、何か起きた場合に「実名」であることは苦悩の種になるかもしれません。

設定により、小さなグループに属しているだけにしたとしても、つながる相手がオープン設定にしている場合、投稿したものがオープンになってしまうことも考えなくてはなりません。つまり、自分としてはクローズの情報のつもりでも相手の設定によってはオープンになってしまうのです。

当然、「個人情報」に関しては細心の注意が必要です。具体的な住所や学校、勤務先などは出さないほうがいいでしょう。思いがけないストーカー被害に遭うかもしれないのです。「これくらいなら分からないよね」と思っていても、「よく行くパン屋さん〇〇の△△パンが美味しい! 近いからしょっちゅう行きます」と書けば、ネット時代ですから、簡単に場所が特定されてしまうでしょう。

自分が出す情報は自分がコントロールすること(書かないこと)ができますが、他人からの情報はどうでしょう? 「実名」が基本だから、相手の書いてくることすべてに「ウソ」はないと思い込んでしまわないでしょうか? 素直すぎる人、疑うことを知らない人、ある意味世間が狭い人、深く考えないでストレートに受け取ってしまうような人は警戒が必要です。

多くの人が経験しており、ほとんどの人が「これはウソだろう」「怪しいメールだから無視しよう」と、事なきを得るのですが、中には信用してしまう人がいるのです。「初めての知らない人からの」連絡なのに、メッセージの内容を本当だと信じてしまう……。それが、実は大ウソで、後でとんでもない高額な請求を受けることになってしまうのです。次ページでは具体的な例と対策をご覧ください。