かかとがガサガサになる前に今すぐケア!

サンダルを履く夏はかかとケアもバッチリだったけど、秋になるとお手入れを怠りがち。そのまま冬を越すと、春には立派なガサガサかかとの出来上がりです。見た目が悪いだけじゃなく、放っておくとストッキングやタイツに引っ掛けて伝線したり、ひび割れしたりして痛くなったりする原因に。

と言うのもかかとは皮脂の分泌量が少ないので、カサカサになりやすい箇所なんです。足裏には汗腺はあっても皮脂腺が無いから、油分を補給してあげる必要があります。人は歩く時、かかとで着地しますよね。実はかかとは毎日大変な衝撃を受けているパーツ。身体の末端にあるから血行も悪く、冷えを悪化させる原因にも。冷えや乾燥が気になる季節だからこそ、かかと美人を目指しましょう。


つるつるかかとを作るケアのポイント

1:角質を良くふやかす
保湿をするにも、ガサガサの状態だと浸透しません。お風呂上りの角質が柔らかい状態でやるのがベスト。そうでない場合は、足湯をするか蒸しタオルで足をくるんで柔らかくふやかします。

2:フットパドルで優しく角質除去
フットパドルで円を描くように 空気を含ませながら角質を除去します。この時、フットパドルは必ず湿らせた状態にしておくこと! また、角質軟化剤をつけるとより角質が取れやすくなります。

3:オイルを浸透させてしっかり保湿
ある程度の角質を除去できたら、オイルを薄く塗布してフットパドルの細かい面で磨き上げていきます。かかとをこすってオイルをしみ込ませましょう。最後にクリームを塗って仕上げます。

4:保湿シートや保湿ソックスでスペシャルケア
お手入をした後は、かかとも柔らかくなっているのでスペシャルケアをプラスするとより効果が高まります。かかと専用保湿シートを貼ったり保湿ソックスを履いたりして一晩過ごすと状態が安定します。

休足時間の「かかとぷるぷるジェルシート」は、貼って寝るだけで潤いを補給してくれる優れモノ。ラベンダーの香りもリラックスタイムにピッタリです。
休足時間「かかとぷるぷるジェルシート」

休足時間「かかとぷるぷるジェルシート」


さらに保湿を極めたい人にオススメなのが、ドクター・ショールの「かかと集中保湿ソックス」。かかと部分のポリマージェルが肌にしっかり密着して、ミネラルオイルがじっくり浸透します。手洗いできるから、洗って繰り返し使えるのも嬉しいですね。
履いているだけでつるつるに!「ドクター・ショール かかと集中保湿ソックス」

履いているだけでつるつるに!「ドクター・ショール かかと集中保湿ソックス」


■DATA
かかと保湿シート
「休足時間 かかとぷるぷるジェルシート」
735円 ライオン

保湿ソックス
「かかと集中保湿ソックス」
1470円 ドクター・ショール
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。