とにかく遊んでもらうために

桃鉄の図

地図の苦手なガイドが唯一都道府県を覚えかけたのは、桃鉄を遊んでいた時だけでした。残念ながら自分では所有してなく友達の家で遊んでいたので、完全に学習するには至りませんでしたが(イラスト 橋本モチチ)

ガイドは大人になって、職業柄、1つの同じゲームをずっと遊び続けるというよりは、次々に色んなゲーム、色んなジャンルを試しています。その度に新しいルール・操作方法・攻略法が必要になります。にもかかわらず、最近説明書を読むことが非常に少なくなりました。多くのゲームが、説明書を読まなくてもゲームの中で楽しく操作やルールを教えてくれるようになったからです。

ゲームを開発する人達は、自分達の作ったゲームをできるだけたくさんの人に遊んでもらおうと必死です。最初ちょっと遊んだだけで、「これ、なんかよく分かんない」と投げ出してしまうことのないように考え抜いています。ゲームが進化して複雑になればなるほど、初心者が遊びにくくなり、逆にスムーズに遊んでもらうための工夫はとても重要になります。

全てのゲームが親切で分かりやすく、スムーズに遊べるとは言いませんが、多くの人に遊ばれた名作の中には、驚くべき学習効果で巧みにゲームの内容をストレスなくプレイヤーに理解させてしまうものがあるのも事実です。今回ご紹介した、すぐ使える、すぐ褒める、すぐチャレンジする、という3つの要素は思い出してみれば、自分達がハマッた数多くのゲームに当てはまるんのではないでしょうか。

なんとしても遊んでもらいたい、というゲームクリエイターの考え方を理解することは、ゲーム以外の勉強や、仕事をいかにうまくやるかということにも応用できるかもしれません。

【関連記事】
ゲームがクリアできない病(AllAboutゲーム業界ニュース)

ゲームにハマッた時によくあること(AllAboutゲーム業界ニュース)
そうじをはじめるとマンガが読みたくなる(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連ページ】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。