そうじ中のマンガとゲームプレイの関係

そうじ中のマンガの図
ガイドは、ゲームをしていると記事のことが思いついて書きたくなるのに、いざPCに向かうと無性にゲームがしたくなるという恐ろしい欲望にいつも悩まされています。どうにかならないものでしょうか……
そうじ中、整理していたはずのマンガをつい読みふけってしまって、1時間、2時間という時間があっと言う間に過ぎてしまう、なんて経験はありませんか? ガイドはあります。何度もあります。何度も何度も……。マンガに限らず、今日中にやるぞと決めたそうじの最中に、雑誌を読んだり、テレビを見たり、関係の無いことをはじめるという誘惑は、抵抗しがたいものがあります。そうじに集中しなくてはいけないはずなのに!

何故こんなお話をしているかといいますと、この、そうじをはじめるとマンガが読みたくなるということは、ゲームをプレイする行為に非常に近しいものに感じたからです。そして、ゲームの中においても、このそうじをしていた時に読むマンガの面白さが、もっとあったらいいなあと思うからです。話が飛躍して分かりにくいのですね。順を追ってご説明していきます。

そうじ中のマンガと、やりこみ要素の関係

ポケモンの図
ポケモンはクリアするだけなら他のRPGとたいして変わらない時間でプレイできますが、いざやりこみをはじめると、いくらでもやりこめてしまうゲームです。
やりこみ要素ってありますよね。全てのアイテムを集めるとか、ストーリーの分岐を全部見るとか。必ずしもゲームクリアとは関係なかったりもしますが、夢中になる人は本編を忘れて夢中になったりもします。

例えば、ポケットモンスターシリーズ(以下ポケモン)では、毎回数百種類のポケモンが登場します。ゲームをクリアする為に全種類のポケモンを集める必要はありません。対戦で友達に勝つ為にも、全てのポケモンが必要ということはありません。しかし、折角だから全部集めたくなるのが人情というもの。クリアすればゲームはエンディングを迎えることができるものを、わざわざやりこむから、やりこみ要素なわけです。

本来、冒険を先に進める為にポケモンを集めていたのが、いつしかポケモン集めが楽しくなって、全部集めようとするのは、そうじ中にマンガを読んでしまう行為に似ています。ゲームクリアという目的からすると、脱線なわけですが、その脱線がとても楽しくてたまらないのです。

【関連記事】
大人の為のポケモン講座(AllAboutゲーム業界ニュース)

ここで、ひとつ疑問があります。ポケモンを収集するのが楽しいのであれば、クリアというものを用意する必要がそもそもあるのだろうか、ということです。