パスワード保護共有の無効化

Windows8をインストールした直後は、「パスワード保護共有」が有効になっています。そのため、アクセスするとユーザー名とパスワードを聞いています。

ここでは、認証なしでアクセスするための設定方法を述べます。

1.通知領域にあるネットワークのアイコンを右クリックして「ネットワークと共有センターを開く」を選択します。

ネットワークと共有センターの表示

ネットワークと共有センターの表示


2.「共有の詳細設定の変更」を選択します。

設定の表示

設定の表示


3.下にスクロールして「すべてのネットワーク」のVボタンを押します。

すべてのネットワークの展開

すべてのネットワークの展開


4.「パスワード保護共有を無効にする」を選択して、[変更の保存]ボタンを押します。

これで認証なしのアクセスができる。

これで認証なしのアクセスができる。


これで、認証なしでアクセスすることができます。

Windows8の別コンピュータからアクセスする場合は、タスクバー左にある「エクスプローラー」を選択し、左ペインで「ネットワーク」を選択してください。

Windows8のアクセス方法

Windows8のアクセス方法


あとは、通常通りアクセス先のコンピュータ名から入って目的の共有フォルダにアクセスします。たとえば、先に作成したShareフォルダにアクセスする場合は以下の順に選択します。

(アクセス先のコンピュータ名)→Users→(ユーザーの名前)→デスクトップ→Share

(注)アクセス先のコンピュータが見当たらないときは、上にスクロールして「コンピュータ(○)」の左にある三角印をクリックして展開してください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。