ゆうちょ銀行のインターネットバンキングでできること

パソコンやスマートフォンで銀行取引ができるインターネットバンキング。わざわざ外出しなくても、窓口やATMが利用できない時間帯でも、いつでもどこでも取引ができるので、マイペースで銀行サービスを利用できます。ゆうちょ銀行でも、もちろんインターネットバンキングサービスを提供しています。ゆうちょ銀行のインターネットバンキングでできることを解説します。
ゆうちょ銀行のネットバンキング、インターネットバンキング

自宅で、ゆっくりバンキング……ゆうちょ銀行のネットバンキング活用法とは?

 

ゆうちょ銀行ネットバンキングは「ゆうちょダイレクト」の申込み必須

すでに、ゆうちょ銀行に口座をもっている人が、インターネットバンキングを利用したい場合は、「ゆうちょダイレクト」の申込みが必要となります。ゆうちょダイレクトには、パソコン、スマートフォン、従来型携帯電話を使ってインターネット上で取引ができる「ダイレクトサービス」と、電話(音声)やFAXを使って電話回線により取引ができる「テレホンサービス」があります。

ゆうちょ銀行に口座をもっていて、総合口座の通帳とキャッシュカードがあるならWEB上で申し込めます。書面で申し込みたい場合は、ゆうちょ銀行のサイトで利用申込書を作成して自分で印刷し、郵送または、ゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口に提出します。申込書は窓口にも用意されています。

これから、ゆうちょ銀行に口座を作る人は、総合口座を開設した上で申し込むことになります。

最初のログインは、ちょっと手間がかかります。というのも、初回ログイン時は、画像や合言葉の登録が必要になるからです。筆記用具やメモ帳なども手元に用意した上で、落ち着いて行いましょう。これらは安全にインターネットバンキングを利用するために大事な作業です。

初回ログインが済めば、次からは登録したパスワードなどを入力して取引画面にログインすることができます。
 

ゆうちょダイレクトのインターネットバンキングでは、入出金明細の照会、送金、貯金の作成などまで取引可

ゆうちょダイレクトのインターネットバンキングでは、次のような取引ができます。

■パソコンやスマートフォンを使ったインターネットバンキング(ダイレクトサービス)
  • 残高照会
  • 入出金明細照会
  • ゆうちょ銀行あて振替
  • 他の金融機関あて振込
  • ペイジーによる税金・各種料金の払込み
  • 国際送金
  • 定額貯金・定期貯金の預入、満期時取扱い方法の変更など
なかなか通帳記帳ができないときも、インターネットで残高や入出金明細の照会ができるので便利ですね。また、窓口やATMまで足を運ばなくても、窓口やATMが利用できない時間帯も、自宅のパソコンから振込や定額貯金などの預入ができますから、仕事で平日昼間が忙しい方はもちろん、小さいお子さんがいる方、リタイア後のセカンドライフを過ごしている方にも、利用価値があります。
 

ゆうちょ銀行のネットバンキングは、外国への送金も可能

ゆうちょダイレクトでは、パソコンやスマートフォンを使って、世界各国への国際送金もできます。国際送金の利用には、口座にマイナンバーの届け出が必要です。

インターネットバンキングを利用する際の主な手数料は次の通りです。
  • 各種照会……無料
  • ゆうちょ銀行あて振替……月5回まで無料(6回目以降115円)
  • 他の金融機関あて振込……5万円未満220円、5万円以上440円
  • ペイジー……61円
  • 国際送金……2000円

ネットバンキングのセキュリティのためにトークンの申込みを

インターネットバンキングのサービス提供にあたって、各銀行ではセキュリティ強化に力を入れています。ゆうちょ銀行では、トークンを発行。トークンとは、一度しか使えないパスワードを1分ごとに生成し表示する電子機器です。利用したい場合は、申し込んで、到着後に利用登録を行います。トークンの発行には1650円の料金がかかります。

せっかくの便利なインターネットバンキング。セキュリティにも気を配って使いこなしたいですね。

【関連記事】 【関連サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。