銀行・郵便局/ゆうちょ銀行の取扱い商品

改定された「ゆうちょATM」手数料を総チェック!

全国どこに行っても必ずあるのが、ゆうちょ銀行のATM。日ごろ使っている銀行のカードでゆうちょATMが使えるのか気になるところ。2022年1月に改定された手数料体系、提携関係を見ていきましょう。

伊藤 加奈子

執筆者:伊藤 加奈子

貯蓄ガイド

  • Comment Page Icon
<目次>

ゆうちょ銀行のカード・通帳で、ゆうちょATM利用は無料!

全国に約3万1500台(2023年3月末時点)ある「ゆうちょ銀行」のATM。ゆうちょ銀行内だけではなく、駅構内やショッピングセンター、ファミリーマートなどでも見かけるようになり、ますます利便性が高まっています。

たとえば地方へ行く場合、ゆうちょ銀行のキャッシュカードをもっていれば、日本全国どこでもゆうちょATMが利用できるわけですから、いざというときのために、口座をもっていると安心かもしれません。

ATMの多さだけではなく、ゆうちょ銀行の場合、自行のキャッシュカード・通帳で自行のATMから入出金をする際、ATMが稼働していれば、365日いつでも手数料無料で利用することができます。通常、平日の昼間は無料、深夜、土日祝日などは時間外手数料がかかる金融機関が多いのですが、いつでも無料で引き出せるのは、最大のメリットといえます。

ゆうちょカードを使って、他行ATMからお金を引き出す場合

では、ゆうちょカードを使って、提携金融機関のATMからお金を引き出す場合には、どうでしょうか。

2022年1月に他行ATMの手数料が改定され、表(オレンジ部分)のように所定の手数料が必ずかかるようになりました。

※記事中の手数料は税込みです
ATM手数料一覧

ATM手数料一覧

これまでファミリーマートなどに設置されているイーネットのATMの場合、平日・土曜日の時間内は無料でしたが、手数料がかかることになり、ローソンATMの場合は、手数料がアップしています。その他の提携金融機関は従来どおりですが、セブン銀行に関しては、2023年4月に手数料が改定されました。

ゆうちょカードならいつでも無料と思っていると、思わぬ手数料がかかってしまいますので、注意するようにしましょう。

他行のカードを使って、ゆうちょATMからお金を引き出す場合

日ごろ、メイン口座で使っている銀行のキャッシュカードで、ゆうちょATMからお金を引き出す場合は、どうでしょうか。

これは、その銀行によって条件などはさまざま。下記に主な金融機関ごとの手数料をまとめました。

総じて、ネット銀行では優遇プログラムなどの条件を満たせば、月数回は手数料無料で引き出せることが多いようです。また、都市銀行にも優遇プログラムがありますが、いずれも、ゆうちょ銀行ATMの利用に関しては対象外となっています。

1. みずほ銀行
●入金:平日時間内は1回110円、平日時間外・土日・祝日は1回220円
●出金:平日時間内は1回110円、平日時間外・土日・祝日は1回220円
※時間外手数料・利用料が無料になる優遇プログラム「みずほマイレージクラブ」があるが、ゆうちょATMは対象外

2. 三菱UFJ銀行
●入金:平日・土曜日の時間内は1回110円、平日・土曜日の時間外と日曜・祝日は1回220円
●出金:平日・土曜日の時間内は1回110円、平日・土曜日の時間外と日曜・祝日は1回220円
※月2回まで無料になる優遇プログラム「メインバンクプラス」があるが、ゆうちょATMは対象外。ただし、ファミリーマートに設置されているゆうちょATMの場合は、手数料が異なるが優遇の対象となる

3. 三井住友銀行
●入金:平日時間内は1回110円、平日時間外・土日・祝日は1回220円
●出金:平日時間内は1回110円、平日時間外・土日・祝日は1回220円
※月最大2回まで無料になるOliveアカウント、月3回まで無料になる優遇プログラム「SMBCポイントパック」があるが、ゆうちょATMは対象外

4. SBI新生銀行
●入金:無料
●出金:1回110円

5. 住信SBIネット銀行
●入金:無料回数を超えた場合は、1回110円
●出金:無料回数を超えた場合は、1回110円
※「スマートプログラム」のランクに応じて月2~20回まで無料

6. 楽天銀行
入金:3万円以上は無料、3万円未満275円(無料回数がない場合)
●出金:無料回数がない場合は、1回275円
※「ハッピープログラム」にエントリーし、会員ステージに応じて最大月7回まで無料

7. ソニー銀行
●入金:無料
●出金:月4回までは無料。それ以降は1回110円。
※「優遇プログラム Club S プラチナ」の場合は無制限で無料

8. PayPay銀行
●入金:月1回までは無料。それ以降は、3万円未満330円、3万円以上無料
●出金:月1回までは無料。それ以降は、3万円未満330円、3万円以上無料

9. auじぶん銀行
●入金:1回220円(じぶんプラス・シルバー以上の場合は何度でも無料)
●出金:1回220円(じぶんプラスのステージによって、月2~15回まで無料になる)

10. イオン銀行
●入金:平日・土曜の時間内は無料。平日・土曜日の時間外・日曜・祝日は1回110円
●出金:平日・土曜の時間内は無料。平日・土曜日の時間外・日曜・祝日は1回110円

11. セブン銀行
●入金:平日・土曜の時間内は110円。平日・土曜日の時間外・日曜・祝日は1回220円
●出金:平日・土曜の時間内は110円。平日・土曜日の時間外・日曜・祝日は1回220円

ATMの利用時間や無料条件を、いま一度チェック

大手銀行では、自行のATMを統廃合、コンビニATMとの提携を増やすなど、ATMに関しては、加速度的に変化しています。手数料無料となる優遇プログラムの条件も変わってきています。いずれにしても、大手銀行のキャッシュカードで、ゆうちょATMを利用するという選択肢はない(必ず手数料がかかる)ので、提携先のコンビニATM、利用時間などをチェックして、ムダな手数料を払わないようにしましょう。

ネット銀行は、そもそも自行のATMをもっておらず(セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行を除く)、コンビニや提携銀行のATMを利用することになります。ゆうちょATMは全国約1250の金融機関のキャッシュカードを利用できますが、金融機関によっては、利用できるコンビニATM、提携ATMが限られているところもあります。

自分の銀行のキャッシュカードで自行のATMを利用するのが一番分かりやすいのですが、自分のキャッシュカードは、どこで使え、利用時間はどうなっているのか、手数料体系はどうなっているか、いま一度、確認しておくようにしましょう。

【関連記事をチェック!】
ゆうちょ銀行、他行振り込み可能?
銀行窓口・ATM・ネット振込の手数料を徹底比較
24時間使えるコンビニATM、どこが便利?手数料は?
10億円当せんも!「宝くじ付き定期預金」はどこでできる?
普通預金に預けっぱなしなら、まとめ払いでおトクに
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/7/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます