コンビニに置かれているATMは4種類

コンビニATMと言っても、実際に置かれているATMは大きく分けて4つ。全国ネットでつながっている「e-net」、ローソン独自の「ローソンATM」、セブン-イレブンを中心に置かれている「セブン銀行ATM」、そして「ゆうちょATM」。コンビニに置かれているのは、このうちのどれか、ということになります。

このほか、JR東日本管内の駅構内にあるのが「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」。VIEWカードを持っていないと使えないと思いがちですが、ゆうちょ銀行や都市銀行、JR東日本管内の地銀のキャッシュカードが使え、一部ネット銀行にも対応しています。駅構内にあるので、意外と便利に使えます。

どのコンビニに、どのATMが置かれているのかといえば、ローソンは当然「ローソンATM」。セブン-イレブンには「セブン銀行ATM」が置かれています。ファミリーマートのみ「e-net」もしくは、「ゆうちょATM」が置かれています。大手コンビニ以外は、「e-net」が置かれていることが多いです。まずは、この点を理解しましょう。
 

結論からいえば、ほとんどのATMでお金が引き出せる

では、自分のキャッシュカードはどこのコンビニ、どのATMで使えるのか?が気になるところ。でも結論から言えば、どのATMでもお金をおろすことができます。

都市銀行はすべてのATMと提携しており、全国どこのコンビニでも使えます。地方銀行については、提携が広がり、利用できるATMが年々増えています。ただ、全国の地方銀行がすべてのATMと提携しているわけではありませんので、注意が必要です。年末年始に地方から東京に遊びに行く予定があるなら、あらかじめ、どのコンビニ、どのATMと提携しているのか事前に確認しておくといいでしょう。

では、何が違うのでしょうか。

ATMで行うことには、お金を「引き出す」「預ける」そして「残高照会」「振り込み」。この4つの機能がメインでしょう。この機能がすべて使えるのか、利用手数料はいくらなのか、何時から何時まで使えるのか、という点に違いがあるのです。
 

自分の銀行の利用規約によって違う利用手数料、利用時間

コンビニでお金を引き出すのに、どの銀行のキャッシュカードを使うのかという点が重要です。一般的な銀行の例でみてみましょう。

おおむね、どの銀行も提携ATMの利用料を下図のように平日、土日祝日、利用時間帯によって、手数料を定めています(細かくは銀行によって異なる)。置かれているコンビニATMは店舗によって異なりますが、24時間利用できるのが最大のメリットです。しかし、利用時間帯に関わらず、残高照会以外はATM手数料がかかるのが一般的です。コンビニ側でATM手数料を定めているのではなく、銀行側で手数料を決めているのがポイントです。
 
一般的な銀行の提携ATM手数料

一般的な銀行の提携ATM手数料


また、「振り込み」については、みずほ銀行、三井住友銀行はセブン銀行ATMでは取り扱いがないことや、一部の時間帯ではATMの利用ができないなどの制限があります。これも銀行側のサイトで確認するか、コンビニATMにそばに貼ってある利用案内で確認しましょう。
 

賢く使うには、手数料無料になるサービスの利用を

都市銀行や地方銀行のキャッシュカードでコンビニATMを利用する場合は、常時手数料がかかることは前述したとおり。でもお金を引き出すたびに、108円、時間外なら216円も手数料を引かれるのは、もったいないことです。これを防ぐにはそれぞれの銀行で手数料が無料になるプログラムに登録する必要があります。

●三菱UFJ銀行
スーパー普通預金(メインバンク プラス)で、シルバーステージの場合、月2回まで、プラチナステージの場合は、月3回まで無料で利用できます。

●みずほ銀行
みずほマイレージクラブに加入(無料)し、月末残高が30万円以上などの取引条件をクリアすると、月4回まで無料で利用できます。

●三井住友銀行
「口座(残高別金利型普通預金)」と「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」を契約し、SMBCポイントパックを申し込むと、取引状況に応じて、月3回まで無料で利用できます。

●りそな銀行
りそなクラブのステータスポイントにより、ルビー以上のステータスなら、月3回まで手数料がキャッシュバックされます。

24時間、365日無料のイオン銀行を上手に使う

コンビニではありませんが、近くにイオンがあるなど、なじみがある人にとって使い勝手がいいのは、イオン銀行です。イオン、ミニストップに設置されているイオン銀行のATMでの入出金は、24時間、365日、無料で利用できます。イオン銀行のキャッシュカードを使って、コンビニATMを利用する場合は、イオン銀行Myステージの特典で月最大5回まで無料になります。

この他、ネット銀行の場合は、もともと、コンビニATMや提携銀行のATMを利用することになるので、手数料優遇のプログラムが用意されています。

こうした優遇サービスを理解し、無駄なATM手数料を払わないようにしましょう。

【関連記事をチェック】
やっぱり貯めたい100万円!達成できる5つのコツ
30年後に実を結ぶ!たった3つのお金の知恵
知ってる人は貯まる!やってはいけないお金のルール10
金利150倍!定期預金は使わない!普通預金の新常識

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。