銀行や預入金額によってもらえる「宝くじ」は違う

2015年に、山口銀行が扱う「宝くじ付き定期預金」で、年末ジャンボ宝くじの1等7億円、前後賞各1億5000万円の合計10億円の当せん者が出ました。過去には2等1億円の当せん者も出たそうですが、1等、前後賞合わせての10億円は、山口銀行が取り扱いを始めた平成19年度以来、初めてのこと。過去のニュースで取り上げられたものでみると、2014年には京葉銀行で1等7億円が当せんするなど、幸運をつかんだ人は、予想外に多いのかもしれません。
 
宝くじがもらえる定期預金を紹介

宝くじがもらえる定期預金を紹介



 
こうした「宝くじ付き定期預金」を扱っているのは、一部の地方銀行や信用金庫。預入金額は100万円以上とするところが多いのですが、200万円、300万円と高額な金融機関もあり、もらえる宝くじの種類や枚数にも違いがあります。預入金額にもよりますが、1回10枚の宝くじがもらえるところであれば、(連番、バラでも)末等300円は必ず当たりますので、100万円を普通の定期預金に預けた場合の利息以上を手にすることはできます。
 
ただ、多くは、定期預金金利の優遇はなく、店頭金利と同じ。地銀のインターネット支店の定期預金は通常の店頭金利より高めの金利が提示されていますが、そうした銀行でも、金利優遇の代わりに宝くじを配布している、という形になっています。
 

地元の地銀、信金で取り扱いがあるか調べてみよう

宝くじ付き定期預金をはじめ懸賞金付き定期預金などユニークな定期預金を取り扱っているのは、地方銀行や信用金庫。それも一部の銀行に限られるので、興味があれば、地元の銀行で扱っているか調べてみましょう。随時募集しているところもあれば、期間限定で募集金額に到達した時点で終了、というところもあります。また、マイナス金利の影響で、取り扱いを中止した金融機関もあり、数は少なくなっているのが実情です。
 

全国どこからでも申し込めるネット支店を活用する

地元の地銀、信用金庫で取り扱いがない、という場合には、インターネット支店のある金融機関が狙い目です。インターネット支店であれば日本全国どこからでも口座を開設することができ、宝くじ付き定期預金を申し込むことができます(口座開設方法、定期預金作成方法は金融機関によって異なります)。
 
なじみのない金融機関だと不安という人がいるかもしれませんが、定期預金などは万が一金融機関が破たんしても元本1000万円までとその利息は預金保険の対象となっているので、その点の不安はありません。ただし、入金や出金は提携のATMなどから行うことになりますので、どのATMと提携しているのかは事前に確認しておきましょう。
 

金利は、店頭金利の適用がほとんど

気になる金利ですが、一般の地銀、信金、インターネット支店ともに、ほとんどの場合、店頭金利が適用されます。300万円未満の預け入れだと、現在(2019年2月21日時点)で1年ものは年0.01%です。
 
しかし、今回紹介する金融機関のなかで見ると、常時、高金利で定番の香川銀行セルフうどん支店は、「超金利トッピング定期預金(預入金額100万円、預入期間1年)」が年0.27%、静岡銀行インターネット支店のウルトラ金利は年0.11%であることを考えると、宝くじ付き定期預金ではなく、ネット定期預金に預けた方が、金利面での優位性は明白です。
 
高額当せんがよく出る売り場で買う、当せん祈願をしてくれるといった金融機関もありますので、毎回宝くじを買うけれど、まったく当たらない、自分で宝くじ売り場に並ぶのがイヤという人は、定期預金の金利+一攫千金の夢に賭けてみてもいいでしょう。
 

静岡銀行インターネット支店 宝くじ付き定期預金

預入金額:150万円以上150万円単位
預入期間:3年
金利:年0.01%(半年ごとの変動金利)
宝くじの枚数:残高150万円につき宝くじ5枚を年3回・合計15枚。3年で45枚
 

京葉銀行インターネット支店 年末ジャンボ宝くじ定期預金

預入金額:100万円以上100万円単位
預入期間:3年
金利:年0.01%+上乗せ0.01%
宝くじの枚数:残高100万円につき年末ジャンボ宝くじを年1回5枚。3年で15枚
募集期間:2018年11月1日(木)~2019年3月29日(金)。募集上限額100億円に達した時点で終了。窓口受付分は終了
 

香川銀行セルフうどん支店 宝くじトッピング定期預金

預入金額:一口200万円以上1円単位
預入期間:3年
金利:年0.01%
宝くじの枚数:残高200万円以上で年2回各5枚・合計10枚・3年で30枚。以降、200万円増えるごとに1回5枚ずつ増加
 

芝信用金庫ネット専用 「ネット専用」しばしん ジャンボ宝くじ付き定期預金

預入金額:一口100万円・200万円・300万円・500万円・1000万円
預入期間:1年(自動継続)
金利:年0.01%
宝くじの枚数:預け入れ日から最初の1年目は、預け入れの金額にかかわらず、満期日直近に1回(100万~500万円は5枚、1000万円は10枚)、1年経過後(自動継続後は毎年)は、100万円は年1回5枚、200万円は年2回・合計10枚、300万円は年3回・合計15枚、500万円は年5回・合計25枚、1000万円は年5回・合計50枚
 

大阪シティ信用金庫 夢ふくらむ支店 宝くじ付き定期預金「夢ジャンボ」

預入金額:一口100万円・200万円・300万円
預入期間:1年(自動継続)
金利:年0.01%+上乗せ0.10%
宝くじの枚数:残高100万円で年1回5枚、200万円で年2回・合計10枚、300万円で年3回・合計15枚
 

瀬戸信用金庫インターネット支店 宝くじ付き定期預金「ゆめ紀行」

預入金額:一口100万円・300万円・600万円・900万円・1500万円
預入期間:3年
金利:年0.01%(半年ごとの変動金利)
宝くじの枚数:残高100万円で年1回5枚・3年で15枚、300万円で年2回各10枚・3年で60枚、600万円で年2回各20枚・3年で120枚、900万円で年2回各30枚・3年で180枚、1500万円で年2回各50枚・3年で300枚

【関連記事をチェック】
金利120倍!定期預金は使わない!普通預金の新常識
100万円貯まったら、どこに預けるのが有利?
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。