全国2万9800台のゆうちょATMならいつでも手数料無料で引き出せる

給与振込用の銀行口座やネット銀行など、さまざまな銀行がありますが、ぜひ持っておきたいのがゆうちょ銀行の口座です。最大の魅力は、ゆうちょ銀行のATMは全国にあるということ。旅行や急な出張などでお金が必要になっても困りません。全国どこでもお金を引き出せる安心感は、ほかの銀行にはないメリットです。ではATM利用手数料はどうなっているのでしょうか?
ゆうちょ銀行に口座を持っていると便利。

ゆうちょ銀行に口座を持っていると便利。

ゆうちょ銀行のATMは、曜日や時間帯などにかかわらず、手数料なしで預け入れや引き出しが可能です。つまり深夜や土日、祝日に関係なく、営業時間内であれば手数料はゼロということ。低金利でいくら預けても利子がほとんどつかないからこそ、ありがたいサービスです。

ちなみにATM稼働時間は最長で、平日・土曜日は午前0時05分~23時55分、日曜日・祝日は午前0時05分~21時。稼働時間は最長でという制限はありますが、たとえば平日21時に利用できるATMは、東京23区で約360台あります(ファミリーマート設置のゆうちょATMを除く)。大手銀行の場合は通常手数料無料で利用できるのは18時までなので、比較しても断然お得と言えるでしょう。
 

全国約3400か所のファミリーマートでもゆうちょATMが使える

出先でゆうちょATMが見つけられない……そんなときは、ファミリーマートに設置されたゆうちょATMの利用が便利です。通常のゆうちょATMと同様に曜日・休日にかかわらず、23時55分~0時05分を除くほぼ24時間利用可能。預け入れ・引き出し手数料はもちろん無料です(第 3 月曜日のみ7時から営業開始)。ファミリーマートのゆうちょATMは全国約3400店舗に設置されています。

さらに、ファミリーマートやデイリーヤマザキなどのコンビニや、ライフ、サミットなどのスーパーに設置されたイーネットATMでも、一部の時間帯でゆうちょカードの利用手数料が無料で使えます。無料で引き出しできる時間帯は、平日8時45分~18時、土曜日9時~14時。それ以外の時間帯や日曜日・祝日は、216円の手数料がかかります。ゆうちょ銀行以外のATMで無料で使えるのは、いまのところイーネットATMだけ。イーネットATMは2019年6月末現在、約1万2000台設置されています。
 

ゆうちょ銀行への振り込みもATMなら無料でできる

ゆうちょ銀行への振り込みを行うには、現金で総合口座に送金する「電信払込み」と、総合口座同士で送金する「電信振替」があります。電信払込みはゆうちょ銀行または郵便局の窓口で、現金を添えて手続きするというもの。払込金額5万円未満で手数料は540円、5万円以上で756円となっています。

電信振替は窓口とATM、ゆうちょダイレクトで手続き可能ですが、ATMの利用は月1回まで無料、ゆうちょダイレクトの利用は月5回まで無料となっています。お手軽に利用できるのはやっぱりATMと言えるでしょう。今後も有利に振り込みサービスを利用するなら、ゆうちょダイレクトを開設しておくといいでしょう。
 
ゆうちょ銀行,口座,振り込み手数料

ゆうちょ銀行口座への振り込みにかかる手数料

 

公共料金の支払いもゆうちょ銀行なら無料

また、ゆうちょダイレクトを利用すれば、23時55分~0時05分を除くほぼ24時間、公共料金の支払いもパソコンや携帯電話・スマホから簡単に払込みができます。税金や公共料金などペイジーマークのついた払込書の支払いは、「ゆうちょPay-easy(ペイジー)サービス」が利用でき、ゆうちょダイレクトのほかATMからの支払いが可能。ゆうちょ銀行や郵便局の窓口に並ばなくても、ATMやネットから手軽に支払いができて便利なうえ、振り込み手数料は原則無料です。

このように、ゆうちょ銀行には手数料無料で使えるさまざまなサービスがあります。まだゆうちょ銀行の口座を持っていないなら、作っておくといろいろと便利です。

【関連記事をチェック】
ゆうちょ銀行の3つの積立でお金を貯めよう
ゆうちょ銀行・他行間の振込はココがポイント!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。