銀行・郵便局/銀行・郵便局関連情報

他行の銀行ATMから無料でお金を引き出すには?

超低金利の現在、ATMで自分のお金を引き出すために手数料を支払っている場合ではありません。自分が口座を持っていない銀行のATMからも無料で引き出すには? 他行ATM手数料が無料の銀行を紹介します。

坂本 綾子

執筆者:坂本 綾子

預金・貯金ガイド

  • Comment Page Icon

他行ATMを使うと手数料は110~220円が一般的

銀行ATMのネットワークにより、自行ATMのみならず、他行ATMからも手数料を払えば、口座のお金を引き出すことができます。例えばA銀行に口座をもつ人が、A銀行のキャッシュカードを使って普通預金口座のお金を、B銀行のATMから引き出すときに払う手数料が、「他行ATM利用手数料」です。
 
他銀行からの引き出し手数料がお得な銀行をチェック!

急に現金が必要になったら、どのATMを利用する? 他行からの引き出し手数料がお得な銀行をチェック!

他行ATM利用手数料は、時間内(平日昼間)は110円、時間外(平日の朝・夜や、土・日・祝日)は時間外手数料110円を加えた220円が一般的です。

外出先などで急に現金が必要になり、他行ATMを使わざるを得ないとき、この他行ATM利用手数料が無料ですめばお得ですね。なにしろ、都市銀行や地方銀行の普通預金の金利は現在0.001%程度。1年間100万円の残高をキープしても利子は10円しか付きません(税引き前。金利は2020年6月21日現在)。わずか10円の利子からも約2割の所得税・住民税が引かれ、手取りは8円程度。普通預金に常時1375万円以上の残高がなければ、1回でも手数料を払って引き出せば元本割れし、回数を重ねるほど自分のお金が目減りしていきます

ネット専業銀行はそもそも自行ATMはありませんから、手数料無料で利用できる提携ATMがありますが、都市銀行や地方銀行などでは、他行ATMを手数料無料で利用できる銀行は多くはありません。そのような中、条件を設ける、ATM相互利用で提携することにより無料にする銀行があります。

大きく分けると2つのタイプがあります。
  • 口座の残高や取引内容に応じて、他行ATMが無料で使える
  • ATM相互利用の提携先であれば、他行ATMが無料で使える
 

投資商品30万円以上で全国の提携ATMが無料の新生銀行

新生銀行には残高や取引内容に応じて優遇が受けられる「新生ステップアッププログラム」があります。このプログラムで「新生ゴールド」以上のステージなら、提携ATMで引き出しても手数料はかかりません。

条件は、円普通預金の月間平均残高が100万円以上、または投資信託や外貨預金などの投資商品の月間平均残高30万円以上、または月5000円以上の投資信託の積立をしているなど。

提携ATMは、セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソン銀行ATMのコンビニATMをはじめ、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、全都市銀行、三井住友信託信託銀行、三菱UFJ信託銀行、商工中金のATMなど。
 

給与や年金の受け取りがあれば、月1回無料のイオン銀行

イオン銀行には取引内容をスコアに換算して優遇が受けられる「イオン銀行Myステージ」があります。

イオン銀行スコア20点以上の「ブロンズステージ」なら月1回他行ATMの手数料が無料になります。給与や年金の受け取り口座にしていれば、スコア30点なのでクリアですね。

50点以上なら月2回、100点以上なら月3回、150点以上なら月5回と無料回数が増えていきます。取引内容の点数は、例えば積立定期預金の口座振替は10点、投資信託の積立は10点~、NISA口座開設は30点、住宅ローン残高があるなら30点など。

利用できる提携ATMは、コンビニATMに加えて三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行など。この「イオン銀行Myステージ」サービスに加えて、相互利用の提携ATMもあります。みずほ銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行とATMで提携しており、平日昼間であれば、イオン銀行のキャッシュカードで無料で引き出すことができます。
 

三菱UFJ銀行は地方銀行など提携

三菱UFJ銀行では、地方銀行などとATM相互利用を行っています。

イオン銀行、三菱UFJ信託銀行、JAバンク、徳島大正銀行、十六銀行、愛知銀行、中京銀行、名古屋銀行、百五銀行の銀行なら、平日昼間の他行ATM利用手数料が無料になります。
 

地方銀行にはATM相互利用のネットワークが

地方銀行では、近隣の銀行同士でATM相互利用の提携をするところが出てきています。

例えば、香川銀行、徳島大正銀行、愛媛銀行、高知銀行による「4 YOU NET(フォーユーネット)」。互いに、平日昼間にATMで引き出しをした場合の他行ATM利用手数料が無料になります。

広島県には、県内に本店を置くすべての地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、農業協同組合間で、ATMによる引き出しの無料化提携を行う「ひろしまネットサービス」があります。提携するのは、広島銀行、もみじ銀行、広島信用金庫、呉信用金庫、しまなみ信用金庫、広島みとり信用金庫、JAバンク広島。平日昼間の他行ATM利用手数料が無料です。

また広島銀行では、福岡銀行、山陰合同銀行、伊予銀行、トマト銀行、西京銀行、広島市信用組合と、個別に相互無料化提携を行っています。平日昼間の他行ATM利用手数料が無料です。

関東地銀相互提携ATMとして、互いに平日昼間の他行ATM利用手数料が無料になるのは、山梨中央銀行、常陽銀行、筑波銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、きらぼし銀行、横浜銀行、群馬銀行です。
 

ATM付近やサイトで情報収集を

ATMでお金を引き出すのは、社会人にとっては日常のありふれた場面ですね。ATM付近のステッカーや説明を改めて確認したりすることは、あまりないかも。でも、たまには情報収集のために見回してみましょう。また、口座を持つ銀行のサイトでATMのところをクリックしてみてください。提携ATMの情報が掲載されています。

「あの銀行ATMが無料だったんだな」などの発見があるかもしれませんよ。

【関連記事】
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/2/29まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます