メラミンスポンジ使用の注意点

とても便利なメラミンスポンジですが、決して万能ではありませんし、危険が無いわけでもありません。特に以下の点については充分注意して使用してください。

  • 掃除後に出る「削りカス」は放置せず、速やかに掃除機で吸い取るか、ティッシュペーパーなどでまとめて捨ててください
  • 原料が硬質のメラミン樹脂であるため、掃除の対象物に傷をつける可能性があります。柔らかい樹脂で塗装されたもの、ツルツルしたプラスチック面、漆器、絵や文字がプリントしてあるもの、車の外装、木製製品等には使用しないでください
  • お風呂場の浴槽でもFRP(ガラス繊維強化プラスチック)などの樹脂素材の場合、メラミンスポンジで湯垢を落とすことによって却って微細な傷をつけてしまい、より一層、湯垢が付きやすくなってしまうといった失敗例をよく耳にします。この微細な傷は、一見「曇り」にしか認識できず、気づきづらいものです。注意してください
  • 同様に、お風呂場の洗面器、お風呂椅子などのプラスチック製品にどうしても使いたい場合は、目立たない部分でテストしてから、擦るようにしましょう。一度つけた微細な傷は、取り返しようがありません
  • 油性ペンやクレヨンで、子どもが腕や顔に落書きした部分を、メラミンスポンジで擦って落とすと簡単だと認識している人がいますが、絶対に止めましょう! 火傷のような酷い皮膚炎になってしまいます
【関連記事】
多機能掃除用品「塩化ベンザルコニウム」
多機能掃除用品「塩素系漂白剤」の使い方~基礎編~
多機能掃除用品「重曹」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。