ベンザルコニウム?……聞いたことない

消毒

消毒されているもの、安心の証

「塩化ベンザルコニウム」「ベンザルコニウム塩化物」。ベンザルコニウムって何……? きっと多くの方にとっては、聞き慣れない単語なのでは。


もし、この単語に慣れ親しんでいるとしたら、おそらく何らかのかたちで、医療に携わっている方でしょうか。医療現場では、決して珍しくないものです。

でも大半の方にとっては、まさに今「生まれて初めて聞いた」名称かも知れません。ただ実際には、意外なところでこの「塩化ベンザルコニウム」との接点を持ったことのある人が多勢なのではないかと思われます。

それは病院の玄関にあるような手指消毒剤。市販のウエットティッシュ。おしぼり、お手拭き。コンタクトレンズ洗浄液。制汗・デオドラント剤。それからどんな家庭にもありそうな有名な軟膏にも、この「塩化ベンザルコニウム」は配合されているからです。

そんな「塩化ベンザルコニウム」の担う役割は、「消毒」「殺菌」が主で、無色・無臭という性質からも上記のようにさまざまな用途に利用されています。聞いたことがないわりに、その活用範囲は広いのです。



「塩化ベンザルコニウム」って何ですか?

リンス

リンスで髪は洗えません!

しかし、さて、ずばり。「塩化ベンザルコニウム(ベンザルコニウム塩化物)」とは、何なのでしょう? 

それは「陽イオン界面活性剤」の一種。
水溶液は「逆性石けん」として知られているものです。
「塩化ベンゼトニウム」は類似物質です。
これら総称して第4級アンモニウム化合物といいます。


……なるべく、平たくご説明しましょう。

「逆性」石けんという文字の通り、いわゆる普通の石けん(これは「陰イオン界面活性剤」、普通の合成洗剤やシャンプーなどもこちら)とは「逆の性質」を持った「陽イオン界面活性剤」であり、「石けん=シャンプー」なら「逆性石けん=リンス」のようなものです。

つまり「塩化ベンザルコニウム」はリンスに近いものなので、それ自体に「汚れを落とす」洗浄力はありません。

ただ、「陽イオン界面活性剤」というのは、プラスに帯電している性質から、マイナスに帯電しているタンパク質やセルロース(植物の繊維)に引き寄せられ、これに強く電気的に吸着します。

このとき細菌(タンパク質)やカビ(植物に近い)の表面を変性させ細胞を破壊することから「殺菌、消毒」剤として利用できるというわけです。