四半期に一度のペースで連載中の「ガイドおススメ資格本・勉強本!」(旧「この資格本・勉強本がすごい!」)のコーナー! 諸事情により今回も結局夏秋合併号ということでお送りします(汗)。今回ご紹介するのは四冊の資格本・勉強本ですが、まず最初にご紹介するのはなんと……!?


『ラクして受かる勉強法』
最小の時間・労力で最大の成果を出す勉強法!


ラクして受かる勉強法
皆様ありがとうございます
【書籍情報】
  • 著:鈴木秀明
  • 出版社:すばる舎
  • 出版年月:2012/07
  • 税込価格:1,470円
  • ページ数:232ページ
  • 書籍詳細はこちら
【ガイド鈴木による評価(★1~3個)】
  • お役立ち度:★★★
  • 斬新奇抜度:★★★
  • 読みやすさ:★★★
  • 費用対効果:★★☆
えー、わたくし「資格」ガイド鈴木秀明、このたびついに勉強本を出しました!ということでいきなりですが自分の本の宣伝です(笑)

えーこの本はですね……コンセプトとしてはズバリ「いかに勉強しないで受かるか」ということをテーマとしておりまして、わたくし鈴木が「東大・早稲田・慶応に現役合格(いずれも理系学部)」「10年間で資格を250個取得」という成果をすべて“独学で”出してきた勉強法をご紹介しております。

また、既存の勉強本に載っているノウハウとは極力かぶらない、斬新かつオリジナリティのある勉強法ネタを意識して集めてみたつもりです。詳しくはぜひ本書を実際に読んでみていただければと思いますが、最後に一言だけ! キーワードはズバリ「省エネ」「誘導」「テクニック」です! よろしくお願いします!(笑)

『寝る前1分記憶術』
知っておきたい脳と睡眠のメカニズム!


寝る前1分記憶術"
「寝る前1分間」が重要だ!
【書籍情報】
  • 著:高島徹治
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 出版年月:2012/06
  • 税込価格:1,365円
  • ページ数:224ページ
  • 書籍詳細はこちら
【ガイド鈴木による評価(★1~3個)】
  • お役立ち度:★★☆
  • 斬新奇抜度:★★☆
  • 読みやすさ:★★☆
  • 費用対効果:★★☆
様々な資格本や勉強本の著者としておなじみの高島徹治氏の最新刊。今回のテーマは「記憶術」というか、夜寝る直前の時間をいかにうまく使うか、というお話ですね。

試験勉強や記憶術にまつわるTIPS的な話というよりは、脳の仕組みや睡眠のメカニズムというような、テクニックとかに頼る以前にベースとして理解しておくべき「そもそも論」的な内容という感じでしょうか。脳にストレスをかけずに勉強したり、ポジティブな気持ちを保って勉強したりするためのコツや考え方についても学べる一冊です。

『士業&資格取得者のための「資格起業バイブル」』
横須賀流資格起業論の集大成!


士業&資格取得者のための「資格起業バイブル」
これぞまさに士業のバイブル!?
【書籍情報】
  • 著:横須賀てるひさ
  • 出版社:技術評論社
  • 出版年月:2012/07
  • 税込価格:2,079円
  • ページ数:272ページ
  • 書籍詳細はこちら
【ガイド鈴木による評価(★1~3個)】
  • お役立ち度:★★★
  • 斬新奇抜度:★★★
  • 読みやすさ:★★★
  • 費用対効果:★★☆
行政書士・資格コンサルタントとしてご活躍中の横須賀てるひさ氏の最新刊ですね。既刊『もう、資格だけでは食べていけない』『ごく普通の人でも資格を取ってきちんと稼げる本』と同様に、資格取得後・独立後にどう戦略を立てて仕事をしていくかについて、非常に具体的かつ豊富なノウハウがまとめられた一冊です。

本書の特徴は、資格起業のための様々なノウハウを50トピックのQ&A形式で紹介している点で、「オフィスがないと顧客の信頼は得られないと聞きましたが、無理して持つべきでしょうか?」といった具体的な質問に対して横須賀氏が解説していく、という構成になっています。これにより非常にわかりやすいというか、内容がすっきりと腑に落ちるつくりになっていると思いますね。横須賀氏ご自身の生の体験談も随所に織り交ぜられており、ノウハウ本でありながら読み物としても面白い仕上がりになっています。これは名著!

『半熟行政書士!』
ありそうでなかったコミックエッセイ


半熟行政書士!
まさかの結末に驚愕!?
【書籍情報】
  • 著:シバキヨ
  • 出版社:自由国民社
  • 出版年月:2012/07
  • 税込価格:1,365円
  • ページ数:176ページ
  • 書籍詳細はこちら
【ガイド鈴木による評価(★1~3個)】
  • お役立ち度:★☆☆
  • 斬新奇抜度:★★☆
  • 読みやすさ:★★★
  • 費用対効果:★☆☆
最後はちょっと息抜き的に、士業マンガ本! 新人行政書士のシバタ氏が、独立して様々な壁にぶち当たりながら成長していく姿を面白おかしく描くコミックエッセイです。司法書士・行政書士・社労士といった士業のお仕事をユーモラスに描いた小説やエッセイ的な書籍はいくつか出ていますが、コミックエッセイ形式というのは意外とありそうでなかったジャンルですね!

詳細なストーリーとかについてはあえてここではふれないことにしときますが……個人的にはエンディングが意外にも衝撃的でした(笑)。え、こんな結末になっちゃうの!?っていうね。このストーリーの続編?後日談?的な本も出てますので、気になった方はぜひチェックしてみてください! -
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。