シミ対策は「待ったなし」で先手必勝
早く始めなければメラニンを定着させてしまいます

シミ対策のために美白コスメをずっと使い続けるのは反対です。
風邪をひいていないのに風邪薬を毎日飲む必要はないように、日焼けしていないのにメラニンを美白する美白化粧品を毎日使うのはナンセンスです。美白コスメって、スキンケアの中で唯一「ヒフに必要なものをわざわざ排除する行為」なのです。メラニンは、実は汚れでも垢でもなくヒフ細胞のボディガード。このボディガードを排除してしまったら、肌は紫外線に攻撃されっぱなしになります。だからボディガードを排除する美白コスメはいざというときの「非常用」と認識するべきなのです。

日焼けしたらビタミンCをイオン導入すると早く肌色を戻せます

美白コスメはメラニンへの攻撃力が高く、中には攻撃力が強いものもあって、私自身は毎日使うことに抵抗アリ。私はダイビングをするため、海水刺激にさらされた肌には本当にしみます。とはいえ日焼けをしたのに美白コスメを使わずにいれば日に日に日焼けが定着してきて黒くなってしまうため、日焼け直後の赤みや炎症が治まったら、ビタミンCのイオン導入を必ずしています。これは美白ケアの鉄板メニューで、早ければ早いほどシミを帳消しにできます。

ただしイオン導入をするには美顔器を買ったり導入用のビタミンCを用意したりと大変なので、手軽に使えるビタミンC誘導体の美白美容液をおすすめしています。「ヒフ細胞を健康にしてくれるビタミンC」は、長く使い続けても安心ですし。

常備薬的に用意しておきたいのはビタミンC美白美容液

これは私個人の感覚だけれど、ビタミンC誘導体の中でもAPMを配合したコスメがいちばん効きが早いように思います。そこで一押しはメナードのビタミンC誘導体APMを配合したホワイターエッセンス。実はすごくハイテクな美容液で、メラニン色素を作り出しているメラノサイトの起源、幹細胞にさかのぼって美白方向へ誘導するという“根本的な美白”を実現したもの。使い心地も気持ちよく、ビタミンC誘導体なので毎日使えます。
フェアルーセント 薬用ホワイターエッセンス

フェアルーセント 薬用ホワイターエッセンス


メナード フェアルーセント 薬用ホワイターエッセンス
100ml 10500円(税込)
http://www.menard.co.jp/products/005162.html

実際にシミが浮いてきたら、コウジ酸・ルシノールの美白美容液で勝負!

南国バカンスに砂漠地でのロケ、海外でのダイビング、紫外線が強い土地で過ごしていると、UVケアをしていても知らず知らず日焼けして、急に色ムラが浮いてくることが! そんな時はパワフルな部分ケア感覚の美白美容液を使うようにしています。特にコスメデコルテのコウジ酸配合の美白美容液ホワイトロジストやポーラのルシノール配合のホワイトショットには「絶対効かせる!」という意気込みを感じます。

コウジ酸もルシノールも皮膚科でシミ治療のために使われている美白成分ですし、私自身、何年も前から使ってきているので、ちゃんと美白してくれるという安心感がありますね。まだできたてのシミであれば、重ねづけしていると2-3週間目くらいから薄くなってくるのを実感できます。
また夏の終わりには、首や胸元も日焼けして大変! そういうときにもコウジ酸・ルシノールは安定した効果を出してくれます。
ホワイトロジスト スポッツコンセントレイション E

ホワイトロジスト スポッツコンセントレイション EW


コスメデコルテ ホワイトロジスト スポッツコンセントレイション EW
20ml 8925円(税込)
http://www.cosmedecorte.com/

ホワイトショット CX

ホワイトショット CX


ポーラ ホワイトショット CX
25ml 15750円(税込)
http://www.pola.co.jp/special/whiteshot/cx/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。