妊娠中の髪質の変化とは

妊娠中、「髪質が変わった」「髪の毛が増えた」などいつもとの違いを感じる人が多くいらっしゃいます。これは妊娠によって、女性ホルモンの分泌のバランスが変わることが原因と言われています。
妊娠中の髪質の変化は女性ホルモンの仕業

妊娠中の髪質の変化は女性ホルモンの仕業


まず、妊娠するとホルモンの影響で髪の毛は多く、体毛は濃くなります。ほかにも、今まではストレートだったのにくせ毛になったり、パサついたりという変化がありますが、多くは出産後には元に戻りますので心配し過ぎないようにしましょう。

妊娠中にパーマやヘアカラーに注意するように呼びかけられているのは、妊娠中はどうしても肌が敏感になりやすいので、パーマ液やカラー剤がしみてしまうことがあるからです。これは赤ちゃんを異物と認識しないように妊娠中は免疫が低下するため。なので、心配なら控えた方が良いのですが、パーマ液やカラー剤が頭皮から吸収されて赤ちゃんに影響を及ぼすという事はないので安心してください。


頭皮ケアをすると産後の抜け毛を軽減

妊娠中は女性ホルモンが増える影響で、毛が成長期に入るため毛量が増えます。簡単に言うと、毛の寿命を延ばす働きがあるために本来なら抜ける毛が抜けないという状態が起こるのです。出産すると女性ホルモンが一気に正常化。そのため、毛周期が成長期から退行期、休止期へとうつるために産後は抜け毛が多くなります。出産して約2~3か月後から半年の間で脱毛が起こり、1年くらい経つと妊娠前の状態に戻ります。

毛周期は変えることは出来ないので、抜けた後にしっかりとした毛が生えてくるように妊娠中からしっかりとスカルプケアをすることをおすすめします。また、授乳によって必要な栄養素が変わりますので、タンパク質、ミネラルを多く含む食品を積極的に取ってください。

ちなみに私は、出産後抜け毛が増えることは分かっていたので、妊娠中から頭皮ケアは欠かさずしていたので頭皮トラブルは全くありませんでした。そのお陰か、抜け毛もそこまで多くはなかったです。ただ、悲しいことに出産後は白髪が増えた気がします。妊娠中も、出産後もキレイなママでいられるように、頭皮ケアの習慣づけを始めましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。