多くの芸術家も通った! ライプツィヒのカフェ・レストラン

auerbachskeller

ライプツィヒでは多様な食文化に出会える。写真はゲーテ作品に登場する名物レストラン「アウアーバッハス・ケラー」

文化の都ライプツィヒ(Leipzig)では、「食」も大きな楽しみのひとつです。古くから通商で栄えたライプツィヒには、世界各地からいち早く新しいものがもたらされました。1700年代前半にはコーヒーが伝わり、ドイツ最古のカフェがオープン。シューマンをはじめとする芸術家たちが集い、文化が生まれるサロンとして賑わいました。他にもゲーテ作品の舞台となったレストランなど、観光とグルメが同時に楽しめるお店がたくさんあります。

ここでは、ライプツィヒの名物料理からおすすめのカフェやレストランまで、おいしいものを楽しめる情報をご紹介します。

ライプツィヒの見どころ、観光名所はこちらの記事でどうぞ>>>ライプツィヒ/ドイツ

ライプツィヒの名物料理

歴史が反映されたユニークな食文化がみられるライプツィヒ。この街で楽しめる名物料理やご当地ドリンクにはどんなものがあるのかみていきましょう。

ライプツィガー・アラライ Leipziger Allerlei

leipzigerallerlei

野菜たっぷりの優しい味

ライプツィヒ風の温野菜盛り合わせ。季節やお店によって使う食材は様々ですが、伝統的なものは人参、蕪、カリフラワー、白アスパラガスといった新鮮な野菜にきのこやザリガニなどです。付け合せの定番はじゃがいも団子。ドイツ産の白アスパラガスが市場に出回る5~6月は特におすすめの料理です。

 

クワルククコイルヒェン Quarkkeulchen

quark

ふんわりもっちり新食感のデザート

クワルク(クヴァークともいう。ドイツのフレッシュチーズ)とすりつぶしたじゃがいも入りの生地を焼いた、小さなパンケーキのようなデザート。りんごやバニラのソースをかけたり、フルーツやアイスが添えられることもあります。ふんわりもっちりとしたパンケーキは意外にあっさりしていて、食後でもするっと入ってしまいます。

 

ライプツィガー・レアヒェ Leipziger Lerche

lerche

日持ちがするのでお土産にも

「ライプツィヒのヒバリ(レアヒェ)」という名は、昔ライプツィヒの名物だったヒバリ料理に由来します。1876年にヒバリ禁猟令が出たとき、なんとかしてこの地の名物を残そうとお菓子に姿を変えたのだそう。アーモンド風味の焼き菓子の中にはヒバリの心臓を表すイチゴジャムが。ライプツィヒのカフェやお菓子屋さんでは自家製のライプツィガー・レアヒェを作っているところが多いです。

 

バッハターラー Bachtaler

bachtaler

ライプツィヒならではのバッハなお菓子

2000年のバッハ没後250年に合わせて、菓子職人のレネー・カンドラー氏によって考案されたチョコレート菓子。モカ風味の生チョコクリーム入り生地の中にはコーヒー豆が。バッハは空前のコーヒーブームに沸いたライプツィヒで「コーヒー・カンタータ」を作曲しています。バッハをイメージしたお菓子は、トーマス教会前の「カフェ・カンドラー」で購入可能。

 

ご当地ドリンク

100年の伝統を誇る上面発酵ビール「ライプツィガー・ゴーゼ Leipziger Gose」や、キャラウェイのリキュール「ライプツィガー・アラーシュ Leipziger Allasch」のほか、日本ではあまり知られていませんが、この地方はおいしいワインの産地でもあります。ドイツに13あるワイン産地のなかでも、最北端となるザクセン地方のワインは収穫量が少なく、他の地域ではめったにお目にかかれない貴重なもの。なかでも(マイセン磁器で有名な)マイセンのワインはおすすめですよ。この地ならではの美酒をぜひお試しあれ!

次のページでは、コーヒー文化の歴史がつまったおすすめのカフェをご紹介します。