「ダイエット成功のためにはカロリー制限は必須!」「カロリーは低ければ低いほど◎」と思いがちですが、「ダイエットのためのカロリー計算はもう古い!」と言ってもいいかもしれません。

今回は、いちいちカロリー計算する必要もなく、賢く食べて代謝をアップしダイエットを成功させるポイントをご紹介していきたいと思います。

カロリー計算はもう古い!?

カロリー計算する必要なし!?

カロリー計算する必要なし!?

健康的にダイエットを成功させるために最も重要なことは、カロリーを計算することではなく、代謝を促す食材や食事内容を積極的に摂ることです!

もちろん、目安となる1日の摂取カロリー量というのはありますが(*桁外れなカロリー摂取が肥満につながるのは当然ですよ!)、食べ方によっては 1日に1500カロリーしか食べない食生活よりも、 2000カロリーを摂取した方が痩せやすい体質になる食べ方というものがあるんです。

具体的に1日に1500カロリーの摂取であっても太る食生活を例にあげると、代謝を落とす食材を中心に摂取し、食間を長く開けて一度に食べる&ドカ食いをするという食べ方になります。

逆に1日に2000カロリーを摂取しても痩せる食生活というのは、代謝を下げる食材は極力避けて、1回分の食事量を少量にしながら、1日5~6回に分けて食べるというものです。

そこで以下では、そのつどカロリー計算をしなくて済むために、代謝を落とす食材&控えたほうがよい食材を解説していきたいと思います。

次のページで、代謝を落としてしまう食材をご紹介します。