鶏肉を網の上(グリルでも)でこんがりとあぶって香ばしさをプラスした親子丼です。

■材料 (1人分)
  • ごはん
  • 鶏肉60~80g (ももか胸)
  • 玉ねぎ1/4個
  • 卵 1個~1個半(豪華にしたい時は2人分で3個)
  • 出し汁(水+出しの素でOK)60cc
  • ミリン大さじ1
  • 醤油大さじ1
  • 砂糖小さじ1/2
■作り方
1. 鶏肉は大きめの一口大に切り、熱した焼き網にのせ、強火で焼く。
(おもに皮のぶぶんを焼きます。方面だけ。完全に火が通ってなくて大丈夫。)

2. 鍋に調味料とスライス玉ねぎを入れて火にかけて煮る。

3. 玉ねぎがしんなりしたら、焼いた鶏肉を焼いた面を上にして入れて軽く煮る。

4. 卵を小さなボウルに割り、箸で大きく2回切り、鶏肉の上に流し入れて蓋をして煮る。(卵はあまり溶きほぐさず、箸でさくさくと黄身を割る感じ)

5. 卵が半熟になれば、丼ご飯の上にのせる。

6. 貝割菜、刻み海苔などを飾る。

■ワンポイント
鶏肉を炙ったので、皮が苦手な人も食べやすく、皮好きな人はもっと美味しくいただけます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。