お茶漬けの素を調味料代わりに使って野菜炒めを作ってご飯にのせ、初めに野菜炒めご飯として食べて、次にお湯をかけてお茶漬けにして食べます。1つで2度楽しめる丼物です。

■材料1人分
  • 野菜 もやし、玉ねぎ、キャベツ、人参など適量
  • ベーコン(又は豚肉、ハム) 少々
  • お茶漬けの素(今日は梅茶漬けの素使用) 1袋
  • ごはん
  •  
  • サラダ油 適量
  • 醤油少々
  • お好みで練りわさび
  • らっきょうの甘酢漬けか沢庵少々
■作り方
普通に野菜炒めを作って、市販のお茶漬けの素を加えて炒め合わせ、最後に醤油を少々回し入れます。(ごま油を加えてもいいです。)
丼にご飯をよそって野菜炒めをのせます。

初めにそのまま食べて、あとで熱いお茶かお湯をかけて、刻んだラッキョウや沢庵、わさびをのせていただきます。1丼で2回楽しめます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。