ガイドが主観で選んだイタリアランキング!

美味しいものや美しいもの、イタリアにはたくさん見どころ・楽しみどころがあります。「ここに着目&知っておくと、イタリアをより楽しめる」ポイントを、イタリア在住10年のガイドが主観的で分析。イタリアのどこに行っても出会えるもの・ことを集めたオールラウンド・ランキングです。

まず10~6位は、旅の思い出は欲望を満たすところから。定番のイタリアの美味しいものとお土産をご紹介します。

10位 ワイン 

vino

ランチやアペリティーボ(食前酒)から、夕食はもちろん、思い思いに気軽に楽しむのがイタリアにおけるワイン

土着品種が多い事でも知られるイタリアワイン。イタリア全土でその土地に合った、その土地で楽しまれているワインに出会えます。やはりお酒は気候とセットで楽しみたいもの。日本で飲んだことのあるワインも、イタリアの空気の中で飲むとひと味違うことに気づきます。

リストランテで高級な有名ワインを味わうもよし、エノテカでグラスを飲み比べてみるのもよし、はたまたトラットリアで樽だしのワインを豪快に楽しむもよし。ワインの国ならではのワインの楽しみ方を、行く先々で体験して下さい。

紹介記事はこちら>>>イタリアワイン

 

9位 イタリア食材や調理グッズ

zakka

オリーブオイル差し。陶器製でもきっちりパッキングすれば、フライトでも耐えられる!

お土産にしてもいいかも的なお手軽雑貨なら、調理グッズがおススメです。チーズおろしやオリーブの種抜き、パスタの茹で具合を見る道具など、イタリア料理に使えるグッズが見つかります。

また食材もお土産にしたくなるものの筆頭。サラミ・生ハム類は残念ながら日本への持ち込みは禁止されていますが、チーズやドライトマト、乾燥ポルチーニなど、イタリアならではの食材は、日本より安価でウレシイ。食材店やスーパーマーケットのチェックも忘れずにしたいところです。

 

8位 オリーブオイル 

olio

ワインのみならず、オリーブオイルにもあるノヴェッロ(ヌーヴォー)。絞りたて新鮮なオイルは、まるでオリーブジュースのよう

ワインと同様に、イタリアの各地に名産地があるオリーブオイル。現地では、日本の食卓では考えられない程に大量に使います。その使用量に驚きつつも、本場イタリア流の使い方にオリーブオイルの美味しさの神髄が見つかるかも。

オリーブオイルも生鮮食品。11月が旬になります。12月から出回る採れたてオリーブの新鮮なオイル「ノヴェッロ」は、ぜひ体験&お土産におススメです。

紹介記事はこちら>>>イタリアのお土産