全体的に崩れてしまっているけど、全部をオフしてやり直すには時間がない。間違ってもファンデーションを全体にベタ塗りしてカバーしようとしないで! 老け顔になるし、顔も大きく見えてしまいます。そんな時は、ポイントを絞った時短お直しがおススメです。ポイントとなるのは、目の下の明るさ、チーク、リップ。ここさえしっかり直せば、デート仕様のメイクに早変わりするんですよ。

アフター5仕様にチェンジ!メイク直し

1 ティッシュで全体のテカリをおさえる
浮いてきたファンデーションもそっと一緒にオフしましょう。

2 目の下を綿棒で1度ふき取り、リキッドタイプのコンシーラーでカバー
綿棒は細かい目元の作業にピッタリです。リキッド状なら失敗も少ないはず。塗った後は指で優しくなじませます。

3 キレイに整えた目の下に、軽くパウダーを乗せる
チークとの相乗効果で思ったより明るく見えるので、ホワイトではなく肌色より少し明るい程度の色味でOKです。

4 好みのカラーのチークをオン
夜の接近戦には、ほんのり上気したような頬が欠かせません。ツヤのあるタイプをチョイスすれば、ピュア感がアップ!

5 華やかリップを塗って完成

リップを塗る前に、リップバームで唇を整えておくのを忘れずに。このひと手間がぷるるん唇の秘訣です。

2で使うコンシーラーでおススメなのは、ランコムの「タン ミラク タッチ」。筆ペンタイプのなめらかな付け心地が特徴で光で疲れを飛ばしてくれ、目の下のカバーに適しています。ローラメルシエのアンダーカバーポットNは、柔らかめ&硬めのコンシーラー2種とパウダーがセットに。コンパクトで持ち運びが便利なので、ポーチに入れておきたい1品です。

「タンミラクタッチ」ランコム

「タンミラクタッチ」ランコム


「アンダーカバーポット」ローラメルシエ

「アンダーカバーポット」ローラメルシエ


■DATA
「タンミラクタッチ」03 全3色 4200円 
ランコム

「アンダーカバーポット」フェアーライト 全4種 4410円 
ローラメルシエ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。