励ましが逆効果になるリスクを知っておこう

トラブルやミスなどで落ち込んでいる人に声を掛けてあげたい。そんなつもりでかけた言葉が逆にプレッシャーになったり、不快感につながったりすることがあります。

皆さんも人から励ましてもらったにもかかわらず、「何だか無責任に感じた」「アドバイスを押し付けられるようでイヤだった」といった体験をしたことがあるのではないでしょうか。

どうすれば効果的に励ますことができるのか。
  • ショックな出来事に遭遇してしまった直後の「見守り期」
  • 気持ちが落ち着き始めた「回復期」
に分けた上で、具体的な励ましの言葉をご提案します。

「見守り期」に伝えたい3つのこと

見守り期には無理に励まさない

見守り期には無理に励まさない

ショックな出来事があった直後は、「現実を受容できない」「怒りの感情がある」「自尊心が傷ついている」など、精神が不安定である可能性が高くなります。このような状態で励ましても、掛けた言葉を悪いほうに解釈してしまう可能性があります。この時期は以下の3つを伝えるにとどめるのがよいでしょう。

1. 「あなたの話を聴きますよ」と伝える
具体例)
「話したくなったら電話してね」
「いつでも話を聞くからね」
「話せるようになったら声をかけてね」

2. 「わかってあげたい」という気持ちを伝える(安易に「わかる」とは言わない) 
具体例)
「きっと辛いんだよね」
「大変なんだろうなって思うよ」
「気持ちをわかってあげられたらいいのに」

3. 見守りの意思を伝える
具体例)
「元気になるのを待ってるから」
「味方だからね」
「できることがあったら言ってね」

「回復期」は話を聞くことからスタート

回復期は話を聞くことからスタート

回復期は話を聞くことからスタート

ある程度気持ちが落ち着いて、立ち直りに向かっていく時期になると、励ましの言葉も前向きに解釈されやすくなります。まずは相手の話を聞くことからはじめ、共感の言葉をかけましょう。

具体例)
辛かったね
驚いたよね

女性の場合、話を聞いてもらうだけでストレスが軽減する傾向がありますので特に有効です。男性の場合、恥の感情や自尊心の関係で、話すことが逆にストレスになってしまうこともあります。こうした場合には、無理に聞き出そうとしないよう注意しましょう。

励ましの言葉は、ともすると押し付けや説教のように聞こえてしまうこともあります。話を聞く際の相槌に、少しずつ励ましの言葉を混ぜるくらいから始めるといいでしょう。

具体例)
うまくいくといいね
応援するからね

ある程度気持ちが落ち着いた「回復期」は、余裕がない時にはカチンときてしまうような言葉でも、前向きに解釈されやすくなります。難しく考えず、状況や相手との関係性を考慮して、「元気になってほしい」というニュアンスの言葉を選べばOKです。心を込めて丁寧に伝えましょう。

「頑張れ」という言葉は要注意!

一般的によく使われる「頑張れ」という言葉に傷ついてしまう人がいるのをご存知でしょうか?

「頑張れ」という言葉に、現在は頑張っていないというニュアンスを感じてしまう人もいます。精一杯のところで努力している人が「頑張れ」と言われると「これ以上どう頑張ればいいの?!」と感じるそうです。震災で被災された方々の調査でも「頑張ってという言葉が辛かった」という意見が出ています。

しかし、「頑張れ」の替わりとなる言葉は浮かびにくいので、この言葉を励ましとしてつい使ってしまう人は多そうです。労わるつもりが、不快感を与えてしまうのは残念なこと。励まされる時に負担になる言葉があることは知っておいたほうがよさそうです。

次のページでは不快に感じられてしまう励ましフレーズの例と、お勧め励ましフレーズ5選を紹介します。