この街らしい新商品を携えて開店!

RESH.神宮前店外観

RESH.の神宮前店の外観です。このビルの1階と2階の間にある階段の途中にある店舗は、それほど広くはないものの高めの天井のお陰で開放感に溢れた佇まいです

日本の、いや世界のストリートファッションを語る上で絶対に外すことができない街・原宿。明治神宮や大きなイベントやコンサートが暫し行われる代々木公園・国立代々木競技場が近いこともあり、休日ともなれば最寄り駅であるJR山手線の原宿駅周辺や東京メトロの明治神宮前(原宿)駅の真上の辺りは、日本人・外国人観光客を問わずそれこそ芋を洗うような人手のごった返し状態になるのをご存じの方も多いでしょう。今年度中には東京メトロ副都心線に東急東横線が乗り入れることになるので、東京南西部や横浜方面からも格段にアクセスし易い街になり、まだまだ大きな変化・発展が期待できそう。

とは言え、このエリアを住居や職場にしている人がファッション業界関係者以外にあまり多くいないせいか、これまでありそうで見付けられない存在が靴のリペアショップでした。スニーカーやワークブーツだけでなく、ドレスシューズを扱うお店もメンズ・レディスを問わず多いエリアなのに…… と思っていたところ、ようやく助け舟が登場してくれました。銀座や日本橋の三越に出店しているRESH.(リッシュ)が、2012年の4月26日に、明治通り沿いにあるファッションビルb6(ビーロク)に新店舗をオープンしたのです。
迷彩柄のビブラム・クリスティーソール

イタリア・ビブラム社の実力を思い知らされる、絶妙な色合いの4パターンが揃った迷彩柄のクリスティーソールです。アッパーの色と合わせるか、それとも対比させるかは発注するお客様のセンスの見せ所。オールソールリペア税込み1万2600円~。(RESH.神宮前店 TEL:03-6427-9822)

新店舗を開く度に新たなネタを披露することで定評のあるRESH.がこの度持ち込んだのが、アッと驚きの迷彩柄ソールです。「ホワイトソール」とか「トラクションソール」等と呼ばれるこの種の底材はワークブーツに取り付けられることが多いものですが、これはその代名詞的存在であるイタリア・ビブラム社のクリスティーソールをベースに別注を掛けたもの。いやはやアッパーではなく、ソールにカモフラージュ柄を持って来るとは…… ストリートカジュアルの聖地に相応しい新製品と断言できるのではないでしょうか。

底面も迫力満点ですが、角度を変えてみると…… 続きは次のページで!