腸内細菌とは

かぼちゃさらだ

ヨーグルトも野菜も、腸内細菌を増やします!

腸内を健康に保つことは、食べたものの栄養素をきちんと消化吸収してカラダを健康に維持するために不可欠。そんな私たちの体の中には約100種類、100兆個の細菌がすんでおて、その重さはなんと1kg以上もあると言われています。そんな腸内細菌は、大きくわけて次の3種類があります。

善玉菌(ぜんだまきん)……乳酸菌など、人に有益な働きをしてくれる菌。消化吸収を助けたり、悪玉菌の増殖を抑えたり、健康や美肌を作ってくれることにつながります。
悪玉菌(あくだまきん)……ガンの原因になったり、腸内腐敗を起こしたりします。
日和見菌(ひよりみきん)……悪玉菌と同じような働きをする性質を持っていて、腸内のバランスが悪くなると活動します。

美肌をつくる善玉菌

肌は内臓の鏡とも言われるほどで、悪玉菌が増えると美肌の維持が難しくなります。「腸年齢」という言葉の通り、腸の健康は若さや美容を維持するために欠かせない要素。インナービューティを目指すなら、是非腸の健康維持を心がけたいですね。ここで使っている「美腹」は、便秘のない健康な腸を持っている健康美人のオナカのことです。

生まれたばかりの赤ちゃんには悪玉菌が居ないのだそうですが、母乳を終えて様々な食べ物を食べるようになると、人の腸内バランスは大きな差が出てきます。さらには、加齢、ストレス、不規則な生活によっても、腸内の善玉菌の数はどんどん減ってきてしまい、個人差も出てきて、バランスは傾いてしまうといいます。どんなに化粧品などに気を使っても、腸の中が悪玉菌ばかりでは、必要な栄養が吸収されず、排便リズムも乱れ、結局は美容とはかけ離れてしまうなんて、残念ですよね。

次のページで、乳酸菌のダイエット効果と、乳酸菌を増やす食事のコツをご紹介していきます。