三ツ星レストラン監修ならではの料理パン

牛ほほ肉のココット(368円)

牛ほほ肉のココット(368円)


三ツ星シェフのロブションさん監修ということで、注目を集めているこのパン屋さんならではのものといえば、やはり料理のパンではないでしょうか。

注目はレストランのメニュー「牛ほほ肉のビール煮込み」を贅沢に使ったヒカリエ限定「牛ほほ肉のココット」。シャトーレストラン ジョエル・ロブションの料理長渡辺雄一郎さんが考案されたそうです。
ロブションのカレーパン(315円)

ロブションのカレーパン(315円)


焼きタイプのヘルシーなカレーパン、「ロブションのカレーパン」も料理人考案のカレー入り。季節の野菜(今は空豆とグリンピース)入りのスパイシーなオリジナルです。

クロックムッシュ(420円)と地中海フーガス(420円)

クロックムッシュ(420円)と地中海フーガス(420円)


こぼれそうなくらいアンチョビ、オリーブ、ドライトマトがサンドされている「地中海フーガス」は、塩漬けレモンのコンフィがアクセントとなっています。

筍、桜海老、アオサ入りの「キッシュバンブー」は彩の美しさに、料理人の心を感じます。パン職人と料理人のコラボ、楽しいですね。

キッシュバンブー(494円)

キッシュバンブー(494円)


ロブションさんは料理人の感性で、例えば「セルフィーユは甘いパンに載せるのはおかしい」とか、「マンゴーを入れるならハード系のパンではなくてブリオッシュだ」とかいった意見をされることもあるそうです。