観光施設が無料または割引になるバルセロナカード

バルセロナカード

得するか損するかはあなたの使い方次第。宿泊場所などにもよる

バルセロナカードとは、Barcelona Turismeという市の旅行協会が発行している観光のためのディスカウントカードのこと。使い方次第で、お得に旅行できる!バルセロナカードをご紹介します。

■概要
公共の交通機関が無料。観光面では、バルセロナで誰もが訪れる、サグラダ・ファミリアが2ユーロ引き、カサ・バトリョ、カサ・ミラ、カタルーニャ音楽堂は20%引き、ピカソ美術館やミロ美術館も20%引き。その他様々な施設の割引があり、チョコレート博物館や植物園、カタルーニャモデルニスモ美術館などちょっとマニアックな施設は無料。コロンブスの塔やティビダボにあるコルセローラの塔にも無料で上れます。

■料金(2017年1月現在)
3日券45ユーロ、4日券55ユーロ、5日券60ユーロ

2017年現在、市内の交通料金は地下鉄とバスの10回券が9.95ユーロなので、地下鉄を駆使して広範囲を動き回る予定の人でないと、3日で元は取りにくいかもしれません……。でも、文化施設に興味があっていろんな博物館をたくさん回りたいという人ならお得になる可能性もあります。

購入はカタルーニャ広場のツーリストインフォメーションセンターか、カサ・バトリョ、エル・コルテ・イングレスというデパート、モンジュイックのスペイン村で。Barcelona Turismeの公式ウェブサイトから購入すれば数ユーロの割引があるのでさらにお得! 元をとるポイントは朝一番から夜ぎりぎりまでとにかく動くこと、地下鉄をできるだけ利用すること、1つの施設に長時間とらず数を回ることだと思います。

<DATA>
Puntos de Atención  Turística de Turisme de Barcelona(バルセロナツーリズム 観光窓口)
住所:Pl.Catalunya 17
TEL:(34)93 285 3832
営業時間:8:30~20:30
定休日:1月1日、12月25日

美術館用にはこんなカードも!

アルティケット

30ユーロで7ヶ所入れるからお得かも!? バルセロナカードと違って交通は含まれません

美術館巡りが好きな人には、ARTICKET BCN(アルティケット・べーセーエネ)というチケットがあります。こちらは、ピカソ美術館、MNAC(カタルーニャ美術館)、MACBA(バルセロナ現代美術館)、CCCB(バルセロナ現代芸術センター)、ミロ美術館、アントニ・タピエス美術館の6つの美術館が30ユーロで入館できます。有効期限は3ヶ月なので、1日に美術館をたくさん回ってへとへと……ということにならず、旅程の中で無理せず使えます。購入はいずれかの美術館のチケット売り場か、カタルーニャ広場のツーリストインフォメーションセンターなどにて。

詳しくはこちらをどうぞ>>>ARTICKET BCN
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。