呼吸でリセットしよう

気分が落ち込んだとき、なんとなく元気が出ないとき、自然と出てしまうのが「ため息」。「ため息をすると幸せが逃げていく」といいますが、自律神経のメカニズムから説明するなら、「ため息」は本能的なリカバリーショットです。

同じ呼吸をするのでも、吐く時間が長ければ長いほど、より効果的に副交感神経優位に切り替わることができます。緊張したときに深呼吸すると心が落ち着くのは、副交感神経が優位になり、末梢の血流が増加し、血流がよくなる結果、筋肉が弛緩して体がリラックスできるからなのです。

ため息が不幸をもたらすのではなく、不幸があるからため息が出るのです。ため息をつかねばならないような状況は、悩み事やトラブルを抱えているとき。人は思い詰めると呼吸が止まりがちになります。そうすると当然、息苦しくなりますので、その反動で自然とため息が出るのです。

逆に、頑張りたいのにやる気が出ないというときは浅く速い呼吸をして、交感神経を刺激すると効果的です。一回でも深い呼吸をすることで、自律神経のバランスが変化し、体は変わります。緊張したときや焦ったときは、「呼吸でリセット」を試してみましょう。
 


「吐く」を意識した深い呼吸と「ゆっくり」生活

深呼吸

呼吸は自律神経バランスを変える重要な手段です。

一日中時間に追われ、職場でも家庭でもストレスだらけの現代人はただでさえ交感神経が優位になっており、心身ともに緊張状態を強いられています。その緊張を解きほぐし、副交感神経が優位なモードに切り替えるには、「ゆっくり」というキーワードを忘れてはいけません。

そのために非常に重要なこと、それでいて日常生活で意識すれば簡単にできること、それが呼吸を意識することなのです。呼吸には瞬時に体の状態を変える力があるからです。

お薦めは、「吐く」を意識した深い呼吸です。これを「ワンツー呼吸法」と名付けておりますが、その名の通り、息を吸ったときの倍の時間をかけて息を吐く呼吸法です。焦ってイライラしているときほど、この「ワンツー呼吸法」を心がけましょう。深い呼吸をすることで、副交感神経が刺激されるので、心身ともにいい状態にリセットされるはずです。

さらに、日常生活の中で、人と話をするときや、一人で歩いているときにも、「ゆっくり」を意識することが大事です。焦って行動するとイライラと怒りっぽくなり、血圧が上がって脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなるとともに、免疫力もダウンして、体にいいことは何一つありません。「ゆっくり」行動すれば、副交感神経が活発になり、血圧も下がり、血流がよくなり、免疫力の向上につながります。