陽朔(郊外)

陽朔

町の四方すべてが水彩画の世界 (C)広西中国国際旅行会社

陽朔

陽朔のメインストリート・洋人街 (C)広西中国国際旅行会社

桂林市内から南へ70キロほどのところにある小さな町。漓江西岸に位置し、奇峰で囲まれた独特の風景で、多くの観光客を魅了しています。バックパッカーが長期滞在することでも有名です。観光スポットはお洒落なカフェやショップが並ぶ洋人街のほか、陽朔公園、大榕樹景区、月亮山、龍潭など見どころ満載ですし、中国の映画監督・張芸謀プロデュースの山水を背景にした野外ショー「印象劉三姐」も見ごたえあり!です。できれば一泊してまったり散策することをおすすめします。

<DATA>
■陽朔
住所:陽朔県
アクセス:桂林総合バスターミナルから陽朔行きバスに乗車、所要時間約70分

 

世外桃源景区(郊外)

世外桃源景区

少数民族の生活文化を身近で体験できる (C)広西中国国際旅行会社

広西チワン族自治区の少数民族の風習を紹介するテーマパーク。陽朔から15キロの地点にあります。有荷花池、燕子湖、燕子洞など美しい自然景観を持つ、桃源郷の名にふさわしい幻想世界。ヤオ族、ミャオ族、トン族など少数民族の暮らしや、歌や踊りのパフォーマンスを見学できます。

<DATA>
■世外桃源景区
住所:陽朔県世外桃源
入場:8:30~17:30
料金:70元

竜勝(郊外)

竜勝

見所が分散しているので桂林で車をチャーターするのが賢い方法 (C)広西中国国際旅行会社

竜勝

この写真が春の棚田で上のが夏の棚田 (C)広西中国国際旅行会社

桂林市内から西北へ90キロほどのところにある棚田地帯。棚田は「天への階段」といわれる絶景で、季節ごとにその様相を変化させ、春は銀色の帯、夏は緑の波、秋は金の階段、冬はグレーの龍と称えられています。トン族、ヤオ族、ミャオ族、チワン族などの少数民族が暮らしていることで知られます。宿泊は棚田地域に整った施設があるので、そこで宿を準備して、少数民族の営みをゆったり楽しんでみましょう。

 

<DATA>
■竜勝
住所:竜勝各族自治権
アクセス:桂林総合バスターミナルから竜勝行きバスに乗車、所要時間約1時間30分

 

桂林料理

桂林紹介の締めくくりとして桂林料理についてです。桂林料理は辛い湖南料理とさっぱりした広東料理の影響を受けていて、“酸っぱくて辛い”のが特徴です。中国の漬物を使った料理が多いので、苦手……という人もいるでしょうが、食べなれると病みつきになるディープな料理が少なくありません。
  • 桂林ビーフン……桂林料理でハズセないのがこれ。もっちりつるつると口当たり最高! お好みの肉や野菜、唐辛子などの調味料を入れていただきます。
  • 茘浦芋扣肉……サトイモとバラ肉の料理。美肌効果あり!
  • 馬蹄炒鶏球……水クワイと鶏肉の炒め物。水クワイのシャキシャキした歯ごたえが美味。
  • 白果【火屯】老鴨……銀杏と鴨のスープ。桂林の伝統的な滋養食、味は濃厚で飲みごたえあり。
  • 桂林田螺……タニシの料理。大きな桂林タニシを酸っぱ辛く味付けした料理。
  • 桂林粽子……桂林チマキ。具は豆や栗、肉やピーナッツなど多種多様。
  • 馬蹄蒸肉餅……水クワイの餅。水クワイと豚肉の蒸し料理。サクサクした食感がやみつきに!
桂林の紹介はここまでです。みなさん、いかがでしたか? 桂林は時間をかけて観る価値のある美しい街です。できることなら一週間ぐらい予定をとって、心ゆくまで山水画の世界を堪能してほしいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。