がん保険で治療のための保障と死亡保障どう考える?

がん保険は、治療費が高額になるといわれているがんに保障対象を絞っているところが特徴で、がん以外は対象から外れます。一方、医療保険は給付の対象となる疾病やケガの範囲はかなり広く、がんも保障の対象に含まれています。よってがんに対して保障を厚くしたい場合に、がん保険の加入を検討するとよいでしょう。

がん保険の加入は『賢いがん保険の選び方』で解説している通り、入院給付金手術給付金がん診断給付金はいくらにするか、通院保障先進保障死亡保障は必要かなどの点で保障の大きさや種類を絞ることが大切です。次に家計に負担のない保険料となるよう、保障期間や保険料払込期間などを調整するとよいでしょう。

がん保険は前述の保障の中でも、被保険者が死亡した後の生活保障より、被保険者が安心して治療を受けるための費用保障に重点を置いています。ではがん保険において死亡保障はどう考えたらいいのでしょうか。


がん保険の死亡保障の特徴

がん保険の死亡保障はどうする?

がん保険の死亡保障はどうする?

がん保険の死亡保障には、“がんを直接の原因として死亡した場合のみ保障するもの”と“死亡原因をがんに特定しない一般的な死亡保障”があります。

ただ、がん保険は被保険者が死亡した後の生活保障よりも、被保険者が安心して治療を受けるための費用保障に重点を置いていることから、必ずしも死亡保障の特約が設定されているわけではありません。


がん保険の死亡保障はいる?いらない?

万一時には残された家族の生活保障などが必要であり、十分な資産がない場合は、不足分を生命保険などで備えておく必要があります。ただ、がんで死亡した場合のみ保険金が受け取れる保障特約が必要なのか、一般的な死亡保障をがん保険に付ける意味があるのか、十分に検討する必要があります。

保険商品の数はがん保険より死亡保険の方が多く、タバコを吸わない人は保険料が割り引かれたり、運用次第で保険金額が増えたりするような保険もあります。がん保険と死亡保険を別の保険会社で加入することもできます。その為、保障額が同じで保険期間や保険料支払い期間などの条件も同じなら、がん保険に特約で死亡保障を付けるよりも割安な保険料で加入できる可能性が高いです。


がんの死亡保障額はいくらにする!?

先述の通り死亡保障を付けられるがん保険は限られていて、しかも、がんによる死亡のみを保障対象とする死亡保障は、付けられても数百万円程度となっています。がん保険に付けるとなると、保障額に選択の余地はほとんどありません。がん保障と死亡保障は分けて多くの選択肢の中から考える方が無難です。

がん保険へ加入する目的は、主にがん治療をする際の経済的負担を回避できるようにすることです。誰の為に備えるかと言えば、死亡保障は家族など自分以外の人の為に備えますが、がん保険や医療保険は治療費などを支払う自分(家族の場合もあり)の為に備えます。

給付金や保険金の請求や受け取りは通常被保険者ですが、請求時の状態によっては自分(被保険者)以外の人が手続きする可能性もあります。受け取り損ねることのないよう、保険内容はわかりやすくシンプルな内容にしておきましょう。

>>診断給付金、先進医療……がん保険選びのその他のポイントは『賢いがん保険の選び方』へ

※がん保険の保障内容は保険会社や商品によって異なる場合があります。詳細については各保険会社へ確認して下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。