目には見えないけれど、押すとなんだか気持ちの良いツボ。東洋医学では、全身に経絡(けいらく)という気の通り道があると考えられており、ツボはその経絡に沿って点在しています。そのツボに指圧などの刺激を加えることで滞った気の流れがスムーズになり、さまざまな不調を改善することができるのです。

ツボの中には、美容に効果的なものもたくさん! そこで今回は、人目をはばからず、気づいた時に気軽に押せるツボ6つを厳選してご紹介します。


ツボの押し方

 

グッズを活用するのも手

「気持ちいい」と思う程度の強さで、呼吸に合わせてゆっくり押しましょう。親指や人差し指、中指の腹を使って押すのが一般的ですが、爪の長い人は、人差し指や中指を折り曲げ、第二関節の角を使っても。

ツボによっては、綿棒の先やつまようじを輪ゴムで束ねたもの、市販の鍼灸ローラーなどを使って刺激するのも効果的です。

つづいて、お悩み別に効果的なツボをご紹介します!


足の冷え・むくみ

 

湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん)

足の冷えが進むとリンパの流れも悪くなり、足がむくんできます。血行を促して、老廃物の排出をスムーズにしましょう。

湧泉は、足の裏の真ん中より少し指先寄りで、足の指をギュッと内側に曲げたときにくぼむところです。両手の親指を重ね、指先の方へ向かって押し上げるようにして。ゴルフボールを足裏でコロコロ転がして刺激するのもおすすめです。


生理痛・生理不順

 

三陰交(さんいんこう)

三陰交(さんいんこう)

婦人科系のあらゆる不調に幅広く有効なのがこのツボ。脚の内側、内くるぶしの中心から、親指以外の指4本分くらい上がったところの、骨の後ろ側のくぼみにあります。

体の冷えにも効果的で、親指の腹でじんわり押したり離したりしていると、次第に足先がポカポカしてくるのを実感できるはず。


不眠

 

安眠(あんみん)

安眠(あんみん)

良質な睡眠は美肌づくりに欠かせません。なかなか寝つけない時は耳の後ろにあるツボ、その名も“安眠”を押してみましょう。

安眠は、耳の後ろにある下に向かってとがっている骨(乳様突起)の下にあります。指の腹でもみほぐすと効率よく刺激できます。


ストレス

 

内関(ないかん)

内関(ないかん)

不安やプレッシャーが長く続くと、さまざまな不調につながります。ストレスを感じたら、すぐにこのツボを押してみて!

内関は、手首の内側にできる横じわから、指3本分ひじ寄りの中央にあります。ツボと逆側の手で手首をつかむようにして、親指をツボに当てましょう。イライラする気分を落ち着かせてくれます。


肌荒れ・くすみ

 

百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ)

肌荒れやくすみは、血行不良がおもな原因。頭部の血行を良くする百会のツボを刺激しましょう。

百会は頭のてっぺんにあるツボで、全身の気が集まるといわれています。左右の耳のもっとも高いところを結んだ線と、頭の中心線が交わるところです。

緊張を緩和して気分をリラックスさせてくれるツボなので、疲れを感じた時にもおすすめ。他にも、頭痛、眼精疲労、肩こり、抜け毛などに効果があるとされ、万能のツボともいわれます。


便秘

 

合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

女性に多い便秘のお悩みも、ツボで解消することができます!

合谷は、大腸の働きを調整してくれるツボ。手の甲側の親指と人差し指の交わる付け根の部分、やや人差し指寄りです。押すと痛みを感じる人も多いはず。手を開き、逆側の手の親指でやや強めに押してみましょう。


いつでもどこでもすぐスッキリできるのが、ツボ押しの良いところ。「時間があいたら押す」のを習慣にして、健康美を目指しましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。