悩ましきムダ毛をキレイに!

悩ましきムダ毛をキレイに!

肌の露出が多くなるこれからの季節、面倒だけれど欠かせないのがムダ毛のケア。できることなら手早く済ませてしまいたいですよね。

自宅で簡単にできるムダ毛ケアといえば、「剃る」「抜く」「除毛する」といった方法があります。今回は、それぞれのメリット・デメリット、短時間で処理できる最新アイテムの試用レポートをお届けします!

「剃る」ケアのメリット・デメリットは?

最もポピュラーなムダ毛ケアといえば、カミソリやシェーバーで毛を剃る方法。ただし、表面の毛を取り除くだけなのでこまめなケアが必要になります。ちなみに剃った毛の断面は毛先よりも太くなるため、毛が濃くなったように見えますが、実際には毛深くなる訳ではないので安心して。

■ボディソープ付のシェーバーを使う
シック「イントゥイション 肌うるおう シアバター入りソープ(替刃2コ付)」
/880円(税込、編集部調べ)

シック「イントゥイション」

バスルームに置いておいても可愛いピンクのボディ

腕や脚など面積の広い部分を剃るには、刃を安定して動かせるT字タイプのシェーバーがおすすめ。毛を剃るときには肌のすべりをよくするため、あらかじめシェービング剤やボディソープなどを使う必要がありますが、こちらはモイスチャーソープ付なので手間いらず。

 

シック「イントゥイションホルダー」

持ち手が滑りにくくて使いやすい

肌を濡らすだけでさっと剃れるのでお手入れ時間が短縮でき、4枚刃のおかげで剃り残しもありません。シアバター(保湿剤)配合で、シェービング中、カサつきがちな肌にうるおいも補給してくれるのもうれしい! お出かけ前など、目についたムダ毛をさっとケアしたいときにもおすすめです。

 

「抜く」ケアのメリット・デメリットは?

ムダ毛を毛根から取り除くので多少の痛みは伴いますが、効果が長く続き、次のお手入れまでの期間が長めです。電気脱毛器、脱毛テープなどを使う方法があります。

■電気脱毛器を使う
パナソニック「ソイエ」

マルチに使える万能ぶりが魅力

パナソニック「ソイエ[シェーバーヘッド付] ES-WD93-N(ゴールド調)」/オープン価格

脱毛器は過去にも使ったことがありましたが、とにかく“痛い”という印象でした。でも今回、その進化に驚き! 「やわ肌ガード」がしっかりと肌をガードするので痛みが少なく、短い毛や寝た毛も立ててスピーディに処理できます。

パナソニック「ソイエ」

ボディソープを使った泡脱毛

お風呂で「泡脱毛」ができるので、毛が根元からするっと抜けやすく、肌にもやさしい感触。水洗いができて掃除が楽なのも、時短に効果的なポイントですね。

 
パナソニック「ソイエ」

角質ケアまでおまかせ

「アシ・ウデ用脱毛ヘッド」「ビキニライン・ワキ用脱毛ヘッド」「シェーバーヘッド」「角質クリアヘッド」の4種のヘッド付き。ムダ毛ケア+角質ケアの1台2役であらゆる部位に使えるので、これさえあれば夏も安心です。

 
■脱毛ワックスシートを使う
ヴィート「脱毛ワックスシート 敏感肌用」

お試しにも最適な6枚入り

ヴィート「Debut for your first time ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用」3組6枚入り(ふきとりシート1枚)/オープン価格

貼ってはがすだけ、テクニックいらずの脱毛ワックスシートに、はじめての人にもピッタリなお試しサイズが登場。ワックスの粘着力を利用してムダ毛を絡め取り、瞬時に取り除きます。ちなみにシートは粘着力が弱くなるまで何度か繰り返し使用可能。

 
ヴィート「脱毛ワックスシート 敏感肌用」

一気にはがすのがポイント!

毛の流れに沿ってシートを貼り、数秒間お肌にならしたら、今度は毛の流れに逆らうように一気にはがせばOK。毛根からムダ毛を抜くのではがす瞬間はちょっと痛いですが、テープにごっそりついた毛を見るのはなんとも爽快で、ちょっぴりやみつきに。

使い方のコツとしては、脱毛したい部位に合わせてシートを小さめにカットすると毛が取り除きやすくなります。肌にベタつきが残ったら、付属のふきとりシートか、手持ちのベビーオイルやオリーブオイルで拭き取って。


 

「除毛」ケアのメリット・デメリットは?

毛のたんぱく質構造に働きかけ、ムダ毛を溶かして除去する方法。生えてくる毛の先端がチクチクせず、剃るよりも頻度が少なくて済みます。肌の敏感な人は刺激を感じることもあるので、使用前テスト(パッチテスト)を必ず行い、使用方法をしっかり守ることが大切。

■除毛クリームを使う
ヴィート「サプレム・エッセンス バスタイム除毛クリーム」

心華やぐローズの香り

ヴィート「サプレム・エッセンス バスタイム除毛クリーム」135g(専用スポンジ付)/オープン価格

水に流れにくい成分を含んでいるため、除毛中にシャワーを浴びても大丈夫。退屈な待ち時間がないという、画期的なアイテムがこちら。天然エッセンシャルオイルをブレンドしたベルベット・ローズの香りで、優雅な気分に浸れます。

 
ヴィート「サプレム・エッセンス バスタイム除毛クリーム」

専用スポンジでやさしく拭き取って

クリームをまんべんなく均一に塗って3分後、付属のスポンジを使ってクルクルとクリームとムダ毛を取り除くと、硬かった毛もきれいに溶けてなくなります。“剃る”処理と比べると、次の毛が生えてくるときのチクチク感がないのがうれしいですね。

 
>>次ページでは、顔のうぶ毛やアンダーヘアのお手入れに、あると便利な最新グッズをご紹介します!