醤油、味噌、ヨーグルト、納豆、チーズといった発酵食品を、バランスの取れた食事の中に取り入れ、継続的に食べることで健康にもダイエットにも嬉しい効果が期待できます!

そこで今回は、日本人に馴染み深いものから世界各国で食べられているものまで、色々な発酵食品をご紹介するとともに、発酵食品のパワーや、ダイエッターにオススメな食べ方&組み合わせなどもご紹介していきたいと思います。

発酵とは?

納豆は発酵食品の代表食材!

納豆は発酵食品の代表食材!

発酵とは、ある物質が菌や酵母といった微生物の働きによって有益な方向へ変化する現象のことをいいます。つまり、発酵で働く微生物とは、物を腐らせる腐敗菌とは別のものであって、食品が発酵する時に変化する臭いや形状は、決して腐っているわけではありません。

「発酵食品」とは、微生物の力によって、もとの食材にはない美味しさや、有効成分を加えて栄養価を高くしたもの。例えば、牛乳を乳酸機によって発酵させたチーズや、大豆を納豆菌によって発酵させた納豆などは、素材が本来もっていない風味と栄養成分を数多く含んでいます。

発酵食品のダイエット効果

■脂肪が溜まりにくい体に!
発酵食品には、脂肪の合成を抑え、脂肪細胞に脂肪をたまりにくくさせる効果のある必須アミノ酸や、エネルギーの代謝に不可欠なビタミンB群が多く含まれています。

■便秘解消!
ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整え、便秘を防ぎます。ヨーグルト以外にも「プロバイオティクス」という総称をもつ菌は、さまざまな発酵食品に含まれていて、腸で働き、人体に良い効果をもたらします。

■代謝アップ!
発酵食品には酵素が豊富に含まれているので、代謝があがり、余分な脂肪を排出しやすくするのに役立ちます。