別れの季節に読みたい友情物語

3月は、新入学や進級を控え心華やぐ時期ですね。けれど、仲良しのお友だちとお別れすることに、寂しい思いをするお子さんもいらっしゃることでしょう。そんなお子さんたちにウィリアム・スタイグの『ねずみとくじら』をおすすめします。読むたびに「友だちっていいなあ」と思える絵本です。

住む世界が違っても、僕らは友だちなんだ

『ねずみとくじら』の表紙画像

住む世界の違うねずみとくじらの間の深い友情を描いて胸を打つ絵本


独学で航海術を学び、船まで作ったねずみのエーモスは、大海原へと出航します。憧れの船の旅は何もかもが素晴らしく、夢のような毎日が過ぎていきます。ところが、ある晩、エーモスはふとしたはずみに海へ投げ出され、海を漂うことに…… 疲れ切ったエーモスは、生きる望みを失いかけ、死さえ頭をよぎりました。そんな時、エーモスの前に現れたのが、くじらのボリスでした。彼はエーモスを助け陸へと返してくれました。その過程で、ふたりは互いを認め合い、友情を育んだのでした。

やがて時は流れ、年をとった2人に思いがけない再開が訪れます。ボリスが嵐にあい、エーモスの住む浜に打ち上げられてしまうのです。小さなねずみは、瀕死のくじらを助けることができるのでしょうか?

実は、エーモスは思いがけない方法でボリスを助けます。けれど、どれほど深い友情で結ばれていようとも、住む世界が違うくじらとねずみは、一緒に暮らすことはできません。海へと帰っていくボリスとそれを見送るエーモス。2人の姿が、あまりに潔くて、切なくて、ちょっぴり涙がこぼれてしまいそうです。そんな読者の心に、最後の文章がしみいってきます。

「さようなら なかよしのくじら」  「さようなら なかよしのねずみ」
ふたりは、このさき2どとあえないことを しっていました。
そしてぜったいに あいてをわすれないことも しっていました。(本文より)

共に暮らすことができなくても、自立し、お互いを尊敬しあうことから生まれる友情……2度と会えないとわかっていながら、「僕らは友だちだ」といえる2人の絆に心を打たれます。切ないけれど、何ともいえない清々しさを感じさせてくれる名作です。


【書籍DATA】
ウィリアム・スタイグ:作 せたていじ:訳
価格:1260円
発売日:1976/12
出版社:評論社
推奨年齢:4歳くらいから
購入はこちらから



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。