たけのこと牛肉の炊き込みご飯

所要時間:60分以上

カテゴリー:ご飯炊き込みご飯

 

春香る贅沢!たけのこと牛肉の炊き込みご飯

いつものたけのこご飯に牛肉を入れて、炊き込みご飯を作りましょう。実はたけのこと牛肉は相性がぴったり。仕上げに木の芽を散らせば、ちょっぴりジューシーな、食べ応えのある春らしい炊き込みご飯のできあがりです!

たけのこと牛肉の炊き込みご飯の材料(3合分

たけのこと牛肉の炊き込みご飯
3合
たけのこ 1本(ゆでたものを用意)
牛肉 150~200g(こま切れ肉でOK)
ニンニク 1片
木の芽 少々(用意できれば)
調味だし
だし 600ml
薄口醤油 60ml
みりん 60ml
牛肉の下味付け
薄口醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1

たけのこと牛肉の炊き込みご飯の作り方・手順

たけのこと牛肉の炊き込みご飯

1:米を研いだ後に30分浸水させる

米を研いだ後に30分浸水させる
いつも通り米を研いだ後に、しっかりつかるだけの水を加えて、30分浸水させておきます。そうすることで、炊飯器で炊いても、芯の残らないふっくらしたご飯が炊きあがります。

2:たけのこは少し大きめに切る

たけのこは少し大きめに切る
たけのこは1本を縦半分に切ってから5mm幅程度に切ります。少し厚めに切った方がたけのこの存在感が出て美味しくなります!

牛肉のこま切れは、長い場合は4~5cm幅に切り、にんにくは1片をみじん切りにします。 にんにくを米3合に対して1片くらい加えることが、この炊き込みご飯のかくし味(ポイント)です!

3:にんにくを炒めた後に、牛肉を8割がた炒める

にんにくを炒めた後に、牛肉を8割がた炒める
フライパンにサラダ油小さじ1/2(分量外)をひき、まずみじん切りにしたにんにくを軽く炒めます。

香りが出てきたらすぐに牛肉を加え、8割がた炒めます。

4:牛肉に醤油と砂糖で下味をつける

牛肉に醤油と砂糖で下味をつける
分量の醤油と砂糖をフライパンに加え、弱火で醤油を少し煮詰めて下味をつけておきます。
炊き込みご飯にしたときに、牛肉に下味をつけておいた方が断然美味しくなります!

5:炊飯器の内釜の線に合わせて、調味だしを入れる

炊飯器の内釜の線に合わせて、調味だしを入れる
炊き込みご飯の調味だしは、かつおと昆布のだしと薄口醤油とみりんを合わせて作ります(火にかけずに合わせるだけ)。

浸水させた米をざる上げしてからしっかり水気を切り、炊飯器の内釜に入れます。次に用意した調味だしを内釜の3合の線に合わせて入れます。 用意した調味だしが余ることがありますが、炊飯器の内釜の線を優先してください。余った調味だしは、煮物やお味噌汁などに使いましょう!

6:下味をつけた牛肉とたけのこを上から加える

下味をつけた牛肉とたけのこを上から加える
調味だしを入れた炊飯器の内釜に、下味をつけた牛肉とたけのこを上からまんべんなく広げ入れて、炊飯器のスイッチを入れ炊きはじめます。

7:炊きあがったら、さっくりと混ぜ合わせ、木の芽を添えて完成

炊きあがったら、さっくりと混ぜ合わせ、木の芽を添えて完成
炊きあがったら底からさっくりとかき混ぜて、お茶碗によそっていただきます。このときに木の芽を用意できれば最高。たけのこと牛肉と木の芽、それぞれの香りや食感がとても贅沢な一品に仕上げてくれます。

ガイドのワンポイントアドバイス

炊飯器で炊き込みご飯を炊くと、芯が残って少し硬めに炊きあがることがあります。芯が残ってはせっかくの炊き込みご飯が台無しです。ふっくら炊き上げるために、少し面倒ですが炊飯器で炊く前にお米を浸水させてください。